慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

8)連載:命令違反の組織学

2011年8月 9日 (火)

派閥と石原莞爾の行動の解釈をめぐって

 派閥の研究をしていると、石原莞爾の満州事変のことがよくでてくる。あの行動も、派閥の陰謀で、派閥の計画どうりに、石原の関東軍への人事が決定し、派閥の計画通りに事変が起こったという説明だ。

 しかし、本当にそうだろうか。それほど、派閥の計画というものが見事に実行されるものなのか。まさに、派閥は裏の参謀本部である。

 しかし、あまりにも、ストーリーが流れすぎのように思える。石原は実行・実践人だったのだろうか。もちろん、彼は実行力はあったと思う。

 しかし、永田鉄山と同様に、実行力だけではなく、構想力もあり、責任感もあり、きわめてプライドの高い人物だったと思う。その人間が派閥の手先としてなって、人事も動き、関東軍に配属されたのだろうか?

 

 私は疑問をもっている。もう少し研究してみたい。

 

 

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31