慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

4)私の最近の論文・学会・講演活動

2017年11月12日 (日)

月曜日発売「プレジデント」に拙稿が掲載

菊澤です。

月曜発売の[プレジデント]に、次の記事がでます。

 

●好評連載「ビジネススクール流知的武装講座[422]
ー企業の不正が後を絶たないのはなぜか?ー」

新制度派経済学で、不条理発生メカニズムを説明しています。
ぜひ一読をお願いします。

●PRESIDENT 2017年12.4号 | 書籍&雑誌 | PRESIDENT STORE

http://presidentstore.jp/item/011724

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

2017年11月 9日 (木)

「現代ビジネス」に記事をアップー神戸製鋼事件の分析

  最近、忙しくて、ブログが書けない状況です。現在は、Facebook と ツイッターが中心となっています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー――

  さて、神戸製鋼事件についてですが、みなさん、関心があるようですね。

本日、私の記事が、本日、講談社の『現代ビジネス』にアップされましたが、あっという間に、人気8位になっています。これは、うれしいですね。

私は、日本的不正は首謀者のいない不正だと思っています。それゆえ、コーポレート・ガバナンス・システムを改良しても抑制できない問題だと考えます。

関心ある方は、ぜひ以下の記事を一読お願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●講談社WEB『現ビジネス』での私の記事

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53398

●人気

http://gendai.ismedia.jp/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●菊澤Facebook

https://www.facebook.com/kikuzawazemi/

●菊澤ツイッター

https://twitter.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

2017年10月 4日 (水)

10月24日丸ビル「夕学五十講」空席残りわずかになりました。

菊澤です。
10月24日東京丸ビルで行われる講演の「空席が僅か」になったようです。うれしいですね。組織の不条理に関心をもっていただき、感謝しております。

------------------------------------
夕学五十講MCC...
菊澤研宗教授(慶應義塾大学商学部)の10/24(火)講演「日本軍の失敗に学ぶ『組織の不条理』」が「空席僅か」になりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

予定講演内容:

かつて山本七平は、日本軍は非合理的な「空気」に支配されていたと主張した。しかし、菊澤教授は「空気」は合理的に発生し、合理的不正・非効率という「組織の不条理」が起きていたことこそが要因だと喝破する。現代企業の不正問題にも通底する組織の不条理現象の本質に迫る。

●関心のある方は、以下から申し込み可能です。

MCC夕学五十講

https://www.sekigaku.net/Sekigaku/Default/Normal/SekigakuTop.aspx

2017年9月24日 (日)

安易なOPEN INNOVATION論にはご注意

「自分にないものがあれば、他人のものを使えばいい」

(1)これは、経営学的にいうと、最近はやりのチェスブローのオープンイノベーションの考え。(なければ、他人を利用すればいい)
(2)しかし、経済学的にいると、これは新古典派経済学の市場理論の考えである。
(なければ他人から買えばいい

いずれも人間が
(A)限定合理的で(不完全であり)
(B)機会主義的で(だましても利己利益追求する)あることを無視している。
つまり、人間は相互にだまそうとするし、だまされるかもしれないのだ。これを無視した議論だ。


UBバークレーで、ティース先生が研究所の所長に返り咲いたときのパーティで、チェスブローに聞いたことがある。(私がティース先生のところに来ているのを知っているので、弟子である彼は対応してくれる)

「知識をオープンに内外でやり取りすることは効率的だが
野中先生のいう暗黙知の取引には、ウイリアムソンの取引コストが高くて、取引できないが、どう思うか?」

チェスブローは、少し考えて、難しい質問だといって、向こうに行ってしまった。やはり、企業境界の問題は重要だと思う。

いまでは、もう懐かしいバークレーでの出来事だ。

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

2017年9月13日 (水)

『週刊現代』:『組織の不条理』に関する佐藤勝氏の解説

今週発売の『週刊現代』に、佐藤優氏が拙著『組織の不条理』について取り上げてくれています。ありがたいです。

ドラマティックに不条理発生メカニズムを紹介してくれています。さすがです。うまいです。関心がある人は、ぜひ本屋でみてください。

自動代替テキストはありません。

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き

塾生新聞に拙著『組織の不条理』のインタビュー記事

慶應塾生新聞に、拙著「組織の不条理」についてインタビューを受けた記事が

掲載されました。

 

塾生新聞の存在は知っていましたが、私は個人的にあまり見たことがありません。

なかなか、うまくまとめて書いてくれています。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる

https://www.sekigaku.net/…/Default/Schedule/LectureList.aspx

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

2017年9月 4日 (月)

10月24日丸ビル「夕学五十講」に登壇します。

菊澤です。
10月24日丸ビルで「夕学50講」に登壇します。

●テーマ
「日本軍の失敗に学ぶ『組織の不条理』」

日本人組織に特徴的な「空気決定」や「忖度」について、日本軍の事例を用いてお話します。

これまで最初に空気が存在し、それに支配されて、日本人組織は失敗してきたと言われています。しかし、初めから空気が存在するのではなく、人間が空気を生み出し、それにしたがって失敗することを明らかにします。

関心のある方はぜひ参加してください。

10月24日
http://www.keiomcc.net/sekigaku-blog/2017/08/51024.html

参加申し込み MCC夕学50講
https://www.sekigaku.net/…/Default/Schedule/LectureList.aspx

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

2017年8月27日 (日)

広島大学での講演:空気発生のメカニズム

8月23日に広島大学高等教育研究開発センターで、講演を行いました。広島はこれが二度目ですが、大変、有意義でした。

その後、呉にいって大和ミュージアムにいきました。呉に行くまでの車窓から見える海。戦艦大和が出現しそうな感じで、感動しました。

呉の街もよかったです。歴史を感じますね。大和ミュージアムも良かった。大変、勉強になりました。

また、呉の隣の「広(ひろ)」という町もきになりました。

2017年8月25日 (金)

6刷 拙著『戦略学』ダイヤモンド社

 拙著『戦略学』ダイヤモンド社が、みなさんのおかげで、6刷になりました。本も生物と同じで、生き残ることが非常に難しいものです。こうした中、何とか、拙著『戦略学』は生き残っています。非常にありがたいです。

菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

2018年春慶応大学丸ノ内チシティキャンパス(MCC)のアゴラ講座では、この本を中心に講義を行う予定です。関心のある方はぜひご参加ください。

2017年8月21日 (月)

ケイパビリティ・アプローチ

  ティースのダイナミック・ケイパビリティ論とアマルティア・センのケイパビリティ・アプローチの関係が気になっている。

  ティース教授は、自分のダイナミック・ケイパビリティとセンのケイパビリティ・アプローチとは、異なるものとしているが、取り込めば、もっと議論が理論的かつ補強されるように思える。センの議論は、定義など非常に明確になっているので・・・

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30