慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

4)私の最近の論文・学会・講演活動

2017年5月13日 (土)

拙著『組織の不条理』を東芝問題に応用する(現代ビジネス)

  拙著『組織の不条理(中公文庫)』を東芝問題に応用した記事が『現代ビジネス(講談社)』に掲載されました。

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

★現代ビジネス(講談社)

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51710

『東芝が陥った「ガダルカナル化」現象』

●原子力ビジネスから撤退できない東芝が、ガダルカナル戦で撤退できなかった日本軍と同じような合理的失敗(不条理)メカニズムに陥っていることを説明しました。関心のある方はぜひ一読お願いします。

●現代日本企業の病理のひとつは、「ガダルカナル化」現象だと思います。

2017年5月 3日 (水)

限定合理性、新制度派経済学、そして行動経済学

 人間は完全に合理的はなく、完全に非合理的でもない。人間は、限られた情報の中で、合理的に行動しようとする。これが、限定合理性の仮定である。

 この仮定は、H.A.サイモンが新古典派経済学を非現実的として批判し、経営学をより経験科学的なものとして再構成するために、明示的に主張ものである。

 人間は、情報が不完全なので、新古典派経済学のように、微分して最適解を瞬時にえることはできない。何よりも、満足するような方法を一歩一歩進むような意思決定プロセスが存在するというのが、サイモンであった。

 こうして、サイモンの弟子たちは、意思決定プロセス論を展開することになる。しかし、それは記述であって、説明ではないことから、役に立たないことが理解される。

 こうして、この方向性を避けたのが、サイモンの弟子であるウイリアムソンである。彼は、心理学的方向性を避けたのである。そして、より経済学的で、制度や状況決定論へと進む。なぜか。このような非心理学的な(制度論的)説明は、よりテスト可能性、再現可能性、反証可能性が高いからである。

 状況(制度)によって人間行動を説明する方が、人間の心理的要素(内面的欲求、劣等感、満足)によって人間行動するよりもテストしやすいのである。心理学的説明の弱点は、なんでも説明できるという点である。これは、強味ではなく、弱みなのである。

 ポパーによると、アドラーがその典型だという。アドラーによると、人間行動は、「劣等感」で説明される。

●いま河でおぼれている子供いて、近くに一人の男がいるとする。この男は、どのような行動をとると予想されるか。

(1)もし男が河に入って子供を助けるならば、それは彼らそのような行動をとることによって劣等感を克服しようとしたからであるとアドラー理論では説明される。

(2)もし男が河に入らずに子供を助けないならば、このような緊急事態でも冷静な行動をとることによって劣等感を克服しようとしたからと、アドラー理論で説明だれる。

つまり、結局、テストできないのである。明日は、晴れか晴れ以外であるといっているのと同じ。

 さて、この同じ性質を持つ可能性があるのが、心理学を基礎とする経済学、つまり行動経済学である。プロスペクト理論の問題点は、レファレンスポイント(参照点)である。これは、人によって異なる。つまり、移動できるので、実は、なんでも説明できるという危険がある。やはり、心理学的なのだ。

 以上のように、ウイリアムソンの限定合理性にもとづく新制度派経済学とカーネマンたちの限定合理性にもとづく行動経済学は異なるものである。

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

2017年4月25日 (火)

ガダルカナル化現象としての東芝

  いま、ガダルカナル化現象として東芝について研究中です。絶対に倒産しない企業の一つと思われていた東芝がいま危機的状況にある。

  あれだけ巨大化企業だから、トップ経営陣も優秀なはずだ。馬鹿な人はなれないだろう。しかし、そのような優秀な人たちが、なぜ絶対につぶれないという企業を危機的状況に導いたのか。ここが問題である。

  この現象こそが、ガダルカナル化現象なのである。不条理な現象なのである。これについては、以下の拙著を参考にしてほしい。

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

2017年4月15日 (土)

組織の不条理のYoutubuでのコンピュターによる解説

  著者『組織の不条理』中公文庫に関する解説がYoutubeに登場しているので、紹介します。コンピューターによる解説で、個人的に興は非常に味深いです。ぜひ一度、以下のサイトで視聴してほしいと思います。

 

●組織の不条理のサイト

 拙著『組織の不条理』を通して、ぜひガダルカナル化現象(非効率的な現状を合理的に変化できない現象)やインパール化現象(絶対に失敗するとみんなが認識しているのに実行されていく現象)というものが、現在でもたくさん存在しているということを理解してほしいですね。

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

2017年4月14日 (金)

ガダルカナル化の意味(菊澤著『組織の不条理』)

  拙著『組織の不条理』では、日本軍の事例から2つの不条理パターンを理論的に説明しています。(1)ガダルカナル化現象、(2)インパール化現象です。

ここでは、(1)について簡単に説明します。

  大東亜戦争におけるガダルカナル戦というのは、日本軍が近代兵器を具備する米国軍に対して、まったく非効率な日露戦争以来の白兵突撃(銃剣突撃)を3回行って、壊滅した最悪の戦いです。なぜ日本軍は、非効率的な白兵突撃を3回も行い、まったく同じ結果を招いたにもかかわらず、なお4回目の突撃も計画したのか。

  いろんな解釈が可能ですが、拙著「組織の不条理」では、新しい組織の経済学理論を用いて以下のように解釈できることを説明しています。

  日本軍は、日露戦争の大勝利によって、以後、長年、白兵突撃戦術に磨きをかけ、この戦術にかかわる教育、研究開発、組織、戦術などに多額の資金を投入してきた。つまり、白兵突撃というパラダイムの生産性を極限まで高めてきた。

  ところが、がダルカナル戦で米軍と戦った時、まったく役に立たなかった。このとき、この白兵突撃戦術を変更できたか?おそらくできなかった。なぜか。

  変更すると、これまで投資した資金が回収できないこと、さらに白兵突撃をめぐってたくさんの利害関係者が存在し、彼らを説得するコストが非常に高いこと、これらのコストとベネフィットを考えると、変更しない方が合理的になる。こうして、ガダルカナル戦での日本軍は合理的に失敗したのである。これを、組織の不条理という。

  「ガダルカナル化現象」というのは、たとえ現状の研究開発やビジネスが非効率的であることを認識しても、これを止めると、(1)これまで投資してきたお金が回収できないこと、(2)現状にメリットを得ている人々を説得するコストが高いこと、そのために非効率な現状に留まる方が合理的と考えて、失敗する現象のことです。

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

自動代替テキストはありません。

組織の不条理現象とは

 拙著『組織の不条理』中公文庫について、少し解説したい。

●従来の経済学の仮定では、すべての人間は完全に合理的であると仮定される。全知の人間が仮定され、常に最適な選択を行う人間である。このような完全合理的な人間世界では、効率性と正当性、個別と全体、短期と長期は一致することになる。それゆえ、不条理はおこらない。

●ところが、現実の人間は完全に合理的ではなく、不完全な情報しかえることができない。情報をたくさん得ようとすると、コストが発生する。つまり、人間の合理性は限られているのである。これを「限定合理性」という。

●このような限定合理性の世界では、効率性と正当性は一致する保証がない。一致させるには、コストがかかる。このコストの大きさを考えると、効率的だが不正であるという現象、個別合理的だが全体非合理な現象、短期的合理的だが長期的に非合理という現象が起こる。これが、不条理である。

●このような不条理がより具体的にどのように発生するのか。この理論的メカニズムについて説明し、いかにしてこのような不条理を避けることができるのか、これについて説明しているのが、拙著『組織の不条理』である。

関心のあるひとは、ぜひ一読お願いしたい。

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

自動代替テキストはありません。

2017年4月12日 (水)

拙著『組織の不条理』が日経新聞の広告に!

 本日、拙著『組織の不条理』が日経新聞の広告に大きくでた。その後、アマゾンのランキングは急上昇して、4月12日2時40分現在、売上ランキングは77位となった。

 ほんの一時的な現象だと思うが、あの名著『失敗の本質』を抜き、現在の中公新書の超人気本『応仁の乱』も抜いた。一時的な現象だが、うれしい。

 ところで、私の昔からの知人で、一橋大学教授で有名な沼上さんがいるのだが、われわれの世代もいつのまにか年を取り、経営学会では次の世代がどんどん育ってきている。なんとなく、われわれは老兵という雰囲気があり、老兵は去るのみという感じもある。

 しかし、沼上さんが、最近、本を出版し、大きく広告が出たとき、同じような世代の人間として非常にうれしく思った。そして、今回、私の本の広告も、中央公論新社のスタッフのおかげで、大きくでた。これは、うれしかった。

 というのも、なんとなく、まだわれわれの世代は頑張っているのだということを示せたような感じで、うれしかったのだ。

 次は、ダイナミック・ケイパビリティ論で行きます。もう少し、がんばろうかな。

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き

自動代替テキストはありません。

2017年4月 6日 (木)

完全合理性と限定合理性

(1)完全合理性の新古典派経済学、
(2)サイモンの限定合理性の意思決定プロセス理論、
(3)ウイリアムソンの限定合理性の取引コスト理論...
の違いはどこか?

(1)完全合理性のもとでは、人間は最大化利益をもたらす方法を瞬時に計算して選択できる。そのような最適方法にもとづいて人間は行動するという。

(2)サイモンによると、限定合理的な世界では、最大利益をもたらす方法を計算によって決定できない。したがって、満足する方向に向かって進むような意思決定(心理)プロセスが存在し、それに従って人間は行動するという。

(3)ウイリアムソンによると、限定合理的な世界では、取引コストを含む形で利益を最大化する方法を選択して人間は行動するという。

以上のように、3つは微妙に異なるのであり、この違いは理論史を学んでいないと理解できない。

最近、流行りのダイナミック・ケイパビリティをめぐって、ネオ・カーネギー学派、とくにガベッティは(2)の立場から心理学的な研究を進めている。ティースは(3)の立場であり、私の『組織の不条理』も、もちろん(3)の立場に立っている。つまり、(2)の心理主義を避けている。なぜか。心理主義的な議論は反証可能性がない可能性があるからである。

このような議論をすると、米国の組織論者(社会学系)研究者に怒られそう・・・・

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

2017年4月 3日 (月)

劉さん、修士課程卒業、おめでとう。

私が指導した2人目の中国留学生。

劉さん、修士課程卒業、おめでとう。
よく頑張りました。

新社会人として、頑張ってください。
  嬉しいこと、楽しいこと、悲しいこと。
  何かあれば、また研究室に遊びにきてください。

さらなる飛躍を期待しています。

ーーーーーーーーーーーーーー

●これまでほとんど留学生を指導してこなかったが、UCバークレー留学後、2名の留学生を受けいれた。学部のゼミでも、たくさんの外国人留学生を受けいれた。なかなか興味深い経験でした。

●しかし、ゆとり世代が終わり、今年から、また完全に日本人の世界にもどった。留学生はいない。日本人の大学院生、そしてすべての日本人学生からなるゼミナール。どんな世界なのか、異なる意味で楽しみである。

●新学期が始まるが、今年度も頑張りたい。

アマゾン

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き

画像に含まれている可能性があるもの:3人、立ってる(複数の人)、屋外

2017年3月27日 (月)

拙著「組織の不条理」をめぐる記事とビデオ

菊澤です。「組織の不条理」中公文庫が発売されました。

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き

●この本は、単行本として18年前に出版されたもので、新しくまえがきとあとがきを書きました。あとがきには、現代の不条理現象として、シャープ、東京オリンピック費用問題、東芝を取り上げて分析し、解決案についても説明しました。

●昔、ニューヨーク大学スターン・スクールOBOG会から、拙著『組織の不条理』について、インタビューを受けました。17年前です。いまでは、少し恥ずかしいのですが、関心のある人はぜひ一読お願いします。

スターンスクールOBOG会
http://sternjapan.com/modules/bulletin_2/index.php…

不条理に関する説明は,以下のYouTubeのビデオをみてください。

●慶大商学部 菊澤研宗 - 組織の不条理現象の研究

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31