慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

7)慶大菊澤ゼミナール情報

2017年9月21日 (木)

菊澤ゼミの夏合宿

菊澤ゼミの夏合宿を18日から21日まで伊豆長岡で行いました。毎年、夏合宿では、「戦争について考える」をテーマに、ゼミ員がグループに分かれて、ビデオをみて、資料、ネットから情報収集し、ケースの分析を行います。

ーーーー

今年のケース分析のテーマは、以下からの選択。

(1)日本はなぜ負ける戦争に向かったのか。

(2)ガダルカナル戦の失敗の本質は何か。

ーーーー

各チーム、短い時間で分析し、まとめて、素晴らしいプレゼンを行ってくれました。優勝チームは、写真のグループです。とても、優秀なメンバーです。

明日から、秋学期が始まります。

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

画像に含まれている可能性があるもの:室内画像に含まれている可能性があるもの:6人、、スマイル、立ってる(複数の人)、室内

2017年3月26日 (日)

祝 菊澤ゼミ7期卒業

菊澤ゼミ7期、卒業おめでとう。

ゼミ恒例の同期Tシャツをめぐって、議論が一致せず、なかなか完成しなかった。

本来なら、5月の慶大商学部ゼミ対抗ソフトボール大会で着る予定だったが、できなかった。また、7月中国のからの留学生の劉さんが帰国する前に、Tシャツを渡したかったが、できなかった。そして、9月夏合宿でも完成しなかった。

黄色のTシャツが完成したのは、肌寒い秋だった。

14317593_1090107631086184_808742537


このことから、7期は仲が悪いという評判ができていた。しかし、以下の卒業式の写真は素晴らしい。よくゼミで集まったと思います。拍手です。驚きです。実に、仲のいい7期でした。かつ非常に優秀な学生たちでした。

170323_170326_0032

2016年12月15日 (木)

慶大菊澤ゼミと立命館大学石川ゼミとのインゼミ

 先日、立命館大学の石川ゼミと菊澤ゼミのインゼミが京都でありました。昨年に続き、大変、楽しいインゼミでした。

  また、この時期、京都というロケーションもすばらしいです。ぎりぎり紅葉も残り、人も若干少ないのが良い季節です。

 インゼミというのは、共通点がないと、難しいものです。共通点がないと、互いに否定しあったり、なあなあになったりします。

 しかし、石川ゼミでは、菊澤ゼミと同じ拙著『組織の経済学入門』有斐閣を読んでくれているので、お互いに共通の基盤があり、昨年に続き、学生同士、非常に有意義な議論が展開されました。

 研究スタイルも私と同じように、石川先生が学生を指導されているので、立命館大学の学生の報告は非常にわかりやすく、かつクリア―でとても良いと思いました。

 今後も、この企画は続けていきたいと思っています。

 

菊澤 研宗: 組織の経済学入門 改訂版

菊澤 研宗: 組織の経済学入門 改訂版

画像に含まれている可能性があるもの:10人、、スマイル、室内

画像に含まれている可能性があるもの:5人、画面、室内

2016年11月 7日 (月)

明日は菊澤ゼミ個別説明会です。教室の訂正J415教室

明日、火曜日、日吉でJ415教室(訂正)12時15分から、菊澤ゼミの個別説明会です。
 
私が直接私自身の紹介と菊澤ゼミの紹介をしますので、関心のある学生はぜひきてほしいと思います。
 
いま、そのためのパワーポイントを作成しています。
Youtubeで、私の研究テーマである「組織の不条理」について説明しているので、関心のある人は見てください。
 

2016年2月17日 (水)

2016年菊澤ゼミの入ゼミ試験の面接について

 もうすぐ3月、そして入ゼミ試験。菊澤ゼミの入ゼミ試験は、基本的に(1)書類審査:ESと感想文、(2)面接です。

 面接は、私と学生で行います。面接での私の関心の一つは、シンプルです。ゼミナールは集団的な研究活動です。やはり、集団活動、組織活動、それゆえそもそも人間が嫌いな人は難しいと思います。

 菊澤ゼミは、週2回本ゼミを行います。これは、結構、大変です。残りの5日間は個人およびグループで作業しますので、いつもゼミの仲間と議論したり、話をしたりします。

 このようなゼミ活動に参加できるかどうかが問題です。ゼミの合宿に参加できるのかどうか。物理的に参加できるのかどうか。アルバイトが忙しすぎるかどうか。クラブが忙しくて参加できるのかどうか。この点を確認したいのです。

 

菊澤ゼミに関心のある人は、ぜひゼミ・ファーストでお願いします。

 

2016年1月22日 (金)

2016年度菊澤ゼミの入ゼミ試験について

菊澤ゼミに関心を持っている2年生へ

2016年度の菊澤ゼミの入ゼミ試験は以下の通りです。
今年は、2次試験をやらない方向で進めています。
募集人数は16名です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(一次選考)
【入ゼミ試験】
以下の3つで選考します。
①菊澤ゼミ専用ES(ゼミHPからダウンロード)
 志望理由、ご自身の特徴など遠慮なく最大限にアピールしてください。必要事項をご記入いただき、写真を貼付の上、本登録日にご持参ください。手書きでお願いします。

菊澤ゼミHP
http://kikuzawazemi.wix.com/keio#!-----/c8gg

②感想文
   菊澤先生の本または論文の感想文をWordで、枚数自由、形式自由で書いてください。本登録日にご持参ください。

③面接
   先生と15分程度の面接を行います。
   ゼミ生もその場にいる予定です。

【注意事項】
3,4年生で留学を予定している場合、遡及進級を許可していません。つまり、三田でのゼミ活動は2年間です。

【本登録の日に以下の3点を持参の上、お越しください。】
---提出するもの---
①本登録用紙
②ES(HPよりダウンロード)
③感想文

  ~ES提出について~
A4用紙でサイズを合わせた上で、1,2ページ両方とも印刷してください。設問への回答記入が完了した後、記入面を表にし、2枚重ねて左上をホチキスで留めて提出してください。

  ~感想文について~
  先生の論文または書籍を読み、感想をお書きください。(枚数自由、形式自由)A4サイズの紙媒体に印刷したものをご提出願います。

最近のゼミ

昨日でゼミが終了した。

菊澤ゼミのfacebook

https://www.facebook.com/kikuzawazemi

新年になり、3年生の卒論報告へと移行した。その報告内容に、いままでにない変化がある。

これまでは、新制度派経済学、取引コスト理論、エージェンシー理論、所有権理論の応用研究が一般的であった。つまり、経済合理性の研究であったが、今年の3年生の報告には「人間主義的経営」に関する報告が多くなった。

これは、果たしていいことなのかどうか。最近、私が言い出していることなのだが・・・

企業の方で、もっと「人間主義」「大和心」といった議論を前面に出して、世界へ発信すべきだという人もいる。

私自身は、経済合理性の研究を捨てたわけではない。カントが進んたように、「理論理性批判」から「実践理性批判」に進んでいるだけ。この順序が非常に重要なのだ。

経済合理的マネジメントだけではだめ。しかし、人間主義的マネジメントだけでもダメ。常に二つが必要なのだ。まず、徹底的に損得計算する。そして、次に良いかどうか。正しいかどうかを問う。

この2段階思考が重要なのだ。

菊澤研宗: ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー(祥伝社新書)

菊澤研宗: ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー(祥伝社新書)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

2015年12月21日 (月)

立命館大学とのインゼミ

 立命館大学の石川ゼミとのインゼミは、とても有意義で面白かったです。石川ゼミと菊澤ゼミは、ほぼ同じ本(拙著『組織の経済学入門』)を読んでいるので、お互い共通点も多く、各チームの発表も非常にわかりやすく、とても良かったです。

 文化のまったく異なるゼミとインゼミを行うのも、カルチャーショックがあり、面白いのですが、やはり同じようなパラダイムで研究しているゼミとのインゼミは非常におもしろいと思いました。

  今回は、私自身もとても勉強になりました。また、石川先生も、熱心にたくさん質問してくれたので、とてもありがたいと思いました。学生も非常に勉強になったと思います。そして、三条での石川ゼミのみなさんとの懇親会も楽しかったです

  さらに、京都はやっぱり素晴らしいです。立命館の二条にある校舎は、すばらしかったです。今回、合宿係の山崎さんと小西さんが選んでくれたホテルも安くてかつ京都市役所前という抜群のロケーション、本当に良かったです。

Img_3269

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

野中 郁次郎: 失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇

野中 郁次郎: 失敗の本質 戦場のリーダーシップ篇

菊澤研宗: ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー(祥伝社新書)

菊澤研宗: ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー(祥伝社新書

2015年12月 2日 (水)

インゼミ

  昨日は、永野セミとインゼミ。楽しかったです。異文化交流で、いろいろと刺激を受けたのではないでしょうか。

(1)4年生は、1週間かぎりのタスクフォース。3チーム、いずれもととてもよくまとめていたと思います。さすが、4年生でした。3年生も、ぜひみならってほしいと思います。

(2)また、永野ゼミの2チームの報告もとても興味深いものでした。ダイナミック・ケイパビリティやイノベーションのジレンマ。経営学らしくて良かったです。

(3)さらに、3年生の濱野君の質問は剃刀のようにキレキレで良かったです。西山君の質問も良かったと思います。みな頭の回転が速いと思いました


1448952264205

2015年11月24日 (火)

三田祭、そしてOB会

 三田祭期間中、たくさんの方が菊澤ゼミのブースに来てくれたことに感謝します。

  期間中に、菊澤ゼミのOB会が開かれました。たくさんのOB/OGが参加してくれて楽しかったです。私の髪の白さが目立ちます。

 元気をもらいました。もう結構年をとりましたが、頑張りたいと思います。

 118447881500486_8473713276755591611

Dsc_1209

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30