慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« リーダーのミニマ・モラリア2 | トップページ | リスクと不確実性 どちらも解けない。 »

2020年8月16日 (日)

論理的分析プロセスと非論理的内容の結論は矛盾しない

現代ビジネス

コロナ対策で日本のリーダーはあの戦争と同じく合理的に失敗している

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/74784

 

私の最近の上記の論稿の結論を読んで、「何だ最後は非合理な解決か、精神論か」という意見をいただく。しかし、ロジカルに分析していくと、カントが理論理性の限界から実践理性へ進んだように、ヴェーバーが目的合理性から価値合理性へ進んだように、そのような結論に達するわけです。分析方法(プロセス)自体は極めて論理的です。

« リーダーのミニマ・モラリア2 | トップページ | リスクと不確実性 どちらも解けない。 »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31