慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« ダイナミック・ケイパビリティと両利きの経営の関係 | トップページ | 新作本へのアクセスがなぜ多いのか? »

2019年3月10日 (日)

ダイナミック・ケイパビリティの本質

   ダイナミック・ケイパビリティ論の研究で行きついたのは、それは、結局、企業を変化させ動かす「動力」のことである。

 

   そして、それは究極的には、ポパーのいう「批判力」である。批判的態度、批判機能がなければ、現状は肯定され、正当化されるのである。批判力を伝統にできるかどうか。これが組織生存の条件である。                                                                

 

  これを伝統として形成できるかどうか。これが、企業経営の最大の課題である。

 

 

 

●アマゾン

 

菊澤 研宗: 成功する日本企業には「共通の本質」がある 「ダイナミック・ケイパビリティ」の経営学

 

菊澤 研宗: 成功する日本企業には「共通の本質」がある 「ダイナミック・ケイパビリティ」の経営学

 

0207

« ダイナミック・ケイパビリティと両利きの経営の関係 | トップページ | 新作本へのアクセスがなぜ多いのか? »

ダイナミック・ケイパビリティ」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30