慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月24日 (日)

2018年11月の白馬会議の映像アップされました。

2018年11月に白馬で開催された白馬会議に登壇しました。そのときの様子の一部が、youtubeにアップされました。

関心がある人は見てください。

(1)最初の5分と(2)36分ごろに登壇します。

二つのスクリーンが離れているので、恥ずかしながら、ウロウロしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

白馬会議

https://www.youtube.com/watch?v=H1ou0CRLZz0&feature=youtu.be

サガン鳥栖について

 私は、サッカーに関するいわゆる超ファンではないが、次の2点に関心があり、最近、サガン鳥栖に関心をもっている。

(1)最近、なぜか私のブログみている人が佐賀県に多いこと。

(2)トーレスとクエンカが入団したこと。

 よくぞこれだけ有名な選手と契約したものだ、と拍手を送りたい。これだけの選手。サッカーファンでなくでも気になるのだ。

 開幕戦は、名古屋グランパスに敗れたが、今後は、トーレスとクエンカの活躍を期待したい。Jリーグは面白い。

 二人の選手、そして新監督のもとに、チームを再構成、再編成、再配置して戦ってほしい。サガン鳥栖のダイナミック・ケイパビリティに期待したい。

●ダイナミック・ケイパビリティ

https://president.jp/articles/-/27318

2019年2月23日 (土)

ダイナミック・ケイパビリティ論の論稿のアップ

 雑誌「プレジデント」2018年12月3日号に掲載されたダイナミック・ケイパビリティの拙稿がネット上でアップされました。ダイナミック・ケイパビリティ論に関する最新の私の考えです。関心のある人は、ぜひ一読お願いします。

 

●サイト プレジデント

https://president.jp/articles/-/27318

 

 最近、オー・ライリー教授の翻訳本「両利きの経営」が出版されていますが、それと並行して、世界の経営学上で注目されているのが、ティース教授の「ダイナミック・ケイパビリティ論」です。

 私がバークレーに留学しているとき、ティース教授と仲の良いオーライリー先生がティース教授の授業で特別講演をしてくたことを思い出します。

 

2019年2月 8日 (金)

新著『成功する日本企業には「共通の本質」がある ーダイナミック・ケイパビリティの経営学ー 』の予約

菊澤研宗著

成功する日本企業には「共通の本質」がある 

ーダイナミック・ケイパビリティの経営学ー

朝日新聞出版 3月27日発売 予定1600円+税

新著の予約がはじまりました。

カリフォルニア大学バークレー校でティース教授のもとでダイナミック・ケイパビリティを研究して帰国。ここ4年間ぐらいの研究をまとめたものです。

多くの研究者が、ダイナミック・ケイパビリティに関心を持っていると思いますが、難解、解り難いという声が多いようです。

本書は、わかりやすく説明していますので、ぜひ一読をお願いします。

●e-hon予約

https://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refBook=978-4-02-331770-3&Sza_id=MM

●Hontoでの予約

https://honto.jp/netstore/pd-book_29500028.html

●紀伊国屋の予約

https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784023317703

●TSUTAYAの予約

http://shop.tsutaya.co.jp/book/product/9784023317703/

●honyaclubの予約

https://www.honyaclub.com/shop/g/g19517608/

 

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30