慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 雑誌「プレジデント」に拙稿掲載:ダイナミック・ケイパビリティ | トップページ | ダイナミック・ケイパビリティ論の翻訳、ティース教授、エージェントにイライラ »

2018年11月15日 (木)

信毎セミナー、白馬会議で講演します。

明日は、長野県信毎セミナー(信濃毎日新聞社主催)で講演します。

翌日は、白馬会議で講演します。

菊澤編著: ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論

菊澤編著: ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月16日(金)
午後1時20分~2時50分
ホテル犀北館

慶應義塾大学商学部教授
菊澤 研宗(きくざわ・けんしゅう)氏
「なぜ忖度・改ざん・隠蔽がはびこるのか」

●webサイト

https://nano.shinmai.co.jp/info/seminar/?fbclid=IwAR2u6PRN2V2ENKcLMIptQCOvaVzl8TpDGOrmXzGCyPFuGqkSWPFMDccIE14

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第1セッション 講師:菊澤研宗氏(慶應義塾大学商学部教授)
 「“忖度・改竄・隠蔽“を追い出すイノベーションとは?」

第11回「白馬会議」が11月17日・18日

主催者 市川周さん 

今年の統一テーマは「大丈夫か?日本のイノベーション!」としました。それは、この日本に今こそイノベーションが必要であり、それも従来の発想や仕組みを突き破る新たなイノベーションが必要だと思ったからです。イノベーションは日本ではしばしば「技術革新」と訳されますが、イノベーションの本来の意味は、物事の「新結合」「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」(を創造する行為)のことです。それまでのモノ・仕組みなどに対してまったく新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出して社会全体に大きな変化を起こすことを指します。

 今回白馬会議ではこのイノベーションに関して下記の4つのセッションを設けました。

 第1セッション 講師:菊澤研宗氏(慶應義塾大学商学部教授)
 「“忖度・改竄・隠蔽“を追い出すイノベーションとは?」
 第2セッション 講師:小黒一正氏(法政大学経済学部教授・元財務省財務総合政策研究所主任研究官)
 「“第二の敗戦”(財政破綻)回避のイノベーションとは?」
 第3セッション 講師:鶴岡秀志氏(信州大学カーボン科学研究所特任教授)
 「“技術劣国化”を阻止するイノベーションとは?」
 第4セッション 講師:矢野義昭氏(東京工業大学客員講師・元第一師団副師団長兼練馬駐屯地指令・陸将補)
 「“日本を守れる”自衛隊のイノベーションとは?」

●webサイト

https://www.data-max.co.jp/article/25403/?fbclid=IwAR11JJvJqRC8p4eAOj4UMfg1bgt1OAXQ-TAgpnkPt20-G3iRi5ffobsS8WI

« 雑誌「プレジデント」に拙稿掲載:ダイナミック・ケイパビリティ | トップページ | ダイナミック・ケイパビリティ論の翻訳、ティース教授、エージェントにイライラ »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30