慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月21日 (水)

三田祭菊澤ゼミの展示(455教室)

明日から三田祭です。
菊澤ゼミも恒例の研究発表を行います。...

教室は、南校舎(正門の新しい校舎)455教室(5階)です。

ぜひみなさん来てください。学生が説明してくれると思います。

(1)ベイシック・インカムの研究
(2)日本的雇用の研究ー維持されるのか、変革するか。
(3)女性労働問題の研究
(4)自動運転車の研究

Dshrgzu8aaz4jw

2018年11月20日 (火)

長野市、白馬での講演ー有意義で楽しかった

 長野市、白馬での講演。楽しかったです。

46454498_1969351796495092_727797543

46450995_2035043419895856_647974058


46488592_1969351696495102_243024268


2018年11月15日 (木)

ダイナミック・ケイパビリティ論の翻訳、ティース教授、エージェントにイライラ

先月、中央経済社から『ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論』という本が出版された。これと並行して、ディース教授のダイナミック・ケイパビリティ論の論文集の翻訳を出版する予定。

菊澤編著: ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論

菊澤編著: ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論

 ところが、この翻訳本は論文集なので、各論文が異なるジャーナルのために、翻訳権ととるのが厄介な状態。もう1年ぐらいになる。さすがに、エージェントは能力がないのではないかと思う。かなり頭にきている。

 そこで、面倒なので、ティース教授に直接、翻訳権が取れるように、お願いしたら、すぐに動き出した。中経の依頼しているエージェントはまじめに仕事しているのかどうか、本当に腹が立つ。中経ももっと良いエージェントに依頼すべきである。

信毎セミナー、白馬会議で講演します。

明日は、長野県信毎セミナー(信濃毎日新聞社主催)で講演します。

翌日は、白馬会議で講演します。

菊澤編著: ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論

菊澤編著: ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月16日(金)
午後1時20分~2時50分
ホテル犀北館

慶應義塾大学商学部教授
菊澤 研宗(きくざわ・けんしゅう)氏
「なぜ忖度・改ざん・隠蔽がはびこるのか」

●webサイト

https://nano.shinmai.co.jp/info/seminar/?fbclid=IwAR2u6PRN2V2ENKcLMIptQCOvaVzl8TpDGOrmXzGCyPFuGqkSWPFMDccIE14

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

第1セッション 講師:菊澤研宗氏(慶應義塾大学商学部教授)
 「“忖度・改竄・隠蔽“を追い出すイノベーションとは?」

第11回「白馬会議」が11月17日・18日

主催者 市川周さん 

今年の統一テーマは「大丈夫か?日本のイノベーション!」としました。それは、この日本に今こそイノベーションが必要であり、それも従来の発想や仕組みを突き破る新たなイノベーションが必要だと思ったからです。イノベーションは日本ではしばしば「技術革新」と訳されますが、イノベーションの本来の意味は、物事の「新結合」「新機軸」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」(を創造する行為)のことです。それまでのモノ・仕組みなどに対してまったく新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出して社会全体に大きな変化を起こすことを指します。

 今回白馬会議ではこのイノベーションに関して下記の4つのセッションを設けました。

 第1セッション 講師:菊澤研宗氏(慶應義塾大学商学部教授)
 「“忖度・改竄・隠蔽“を追い出すイノベーションとは?」
 第2セッション 講師:小黒一正氏(法政大学経済学部教授・元財務省財務総合政策研究所主任研究官)
 「“第二の敗戦”(財政破綻)回避のイノベーションとは?」
 第3セッション 講師:鶴岡秀志氏(信州大学カーボン科学研究所特任教授)
 「“技術劣国化”を阻止するイノベーションとは?」
 第4セッション 講師:矢野義昭氏(東京工業大学客員講師・元第一師団副師団長兼練馬駐屯地指令・陸将補)
 「“日本を守れる”自衛隊のイノベーションとは?」

●webサイト

https://www.data-max.co.jp/article/25403/?fbclid=IwAR11JJvJqRC8p4eAOj4UMfg1bgt1OAXQ-TAgpnkPt20-G3iRi5ffobsS8WI

2018年11月10日 (土)

雑誌「プレジデント」に拙稿掲載:ダイナミック・ケイパビリティ

    月曜日11月12日発売の「プレジデント」に、ダイナミック・ケイパビリティについての論稿を書きました。

   この論稿は、かなりわかりやすく書いているので、ダイナミック・ケイパビリティに関心のある人は、ぜひ読んでほしいものです。

自動代替テキストはありません。画像に含まれている可能性があるもの:3人

菊澤編著: ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論

菊澤編著: ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論

2018年11月 2日 (金)

連帯責任と無過失責任について

先日、朝日新聞の朝刊に「連帯責任」について、私の記事が掲載された。

連帯責任は効率性を高めるという私の考えについて、別の側面から説明してみたい。

https://news.yahoo.co.jp/feature/1127

車を運転していてぶつけられたことがあるだろうか。明らかに、相手の運転手が悪いという事故を経験したことがあるだろうか。

この場合でも、法律的には、ぶつけられた方も負担させられる。これを無過失責任法という。つまり、これはある意味で、連帯責任法といえるだろう。

なぜこのような法律があるのか。法と経済学によると、効率的だからである。このような法律があると、効率的に事故が減るのである。連帯責任の効率性の証明かもしれない。

菊澤編著: ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論

菊澤編著: ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31