慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 「ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論」発売 | トップページ | 錯綜するダイナミック・ケイパビリティ論 »

2018年9月26日 (水)

ダイナミック・ケイパビリティ論

 ダイナミック・ケイパビリティ論は、日本では、わかりにくい、難解、眠くなるといわれているが、今回の本(菊澤編)『ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論』では、できるだけわかりやすく説明しているので、ぜひ一読お願いしたい。                         

 

 難解なので、よく簡単なアイゼンハートの解釈論文を利用する人がいるが、やはりダイナミック・ケイパビリティ(DC)はデイビット・ティースである。彼によると、アイゼンハートのDCはオーディナリー・ケイパビリティ(OC)の話であり、DCではないのだ。                                                             

以下のように解釈するとわかりやすい。                                                 

 OCは利益最大化、効率性を高める通常能力=パラダイムの精緻化能力

(新古典派経済学)

 DCは付加価値、付加価値労働生産性を高める動態能力=パラダイムの変革能力

(進化論的)

菊澤編著: ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論

菊澤編著: ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論

« 「ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論」発売 | トップページ | 錯綜するダイナミック・ケイパビリティ論 »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30