慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 錯綜するダイナミック・ケイパビリティ論 | トップページ | ダイナミック・ケイパビリティは経営者能力か組織能力か »

2018年9月28日 (金)

経営戦略ではなく、戦略経営論

新編著『ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論』が本屋の店頭に並び始めたようです。執筆者の一人、楊さんから、写真が届きました。                                      

 

今回の本のタイトルに関して、なぜ「経営戦略論」ではなく、「戦略経営論」なのか。                    

デイビット・ティースは、ダイナミック・ケイパビリティと「戦略」とを区別しています。ダイナミック・ケイパビリティと「良き戦略」が組み合わされて、企業は成長するというのです。                            

とすると、ダイナミック・ケイパビリティ論は、戦略論それ自体ではなく、戦略を意識した経営論となります。                                                                           

以上の理由で、「戦略経営論」となったわけです。

菊澤編著: ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論

菊澤編著: ダイナミック・ケイパビリティの戦略経営論

自動代替テキストはありません。

« 錯綜するダイナミック・ケイパビリティ論 | トップページ | ダイナミック・ケイパビリティは経営者能力か組織能力か »

ダイナミック・ケイパビリティ」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30