慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年6月

2018年6月11日 (月)

第3回目の佐藤優さんと対談が「プレジデント」に掲載

 有名な佐藤優さんとの第3回目の対談の記事が、「プレジデント」に掲載されました。価値判断の問題などについて、議論しています。

                                                           関心のある人はぜひ一読お願いします。

最新の「SPA」でも佐藤さんが拙著『改革の不条理』の古いバーションの本を取り上げてくれています。大変、ありがたいです。                                              

菊澤研宗: 改革の不条理 日本の組織ではなぜ改悪がはびこるのか (朝日文庫)

菊澤研宗: 改革の不条理 日本の組織ではなぜ改悪がはびこるのか (朝日文庫)

 

自動代替テキストはありません。画像に含まれている可能性があるもの:2人

2018年6月 8日 (金)

朝日新聞AERAに日大アメフト部の記事が掲載されました。

   日大アメフト部の監督やコーチの対応について、分析をしました。

                                                                  この分析の裏には、カーネギー学派のマーチ、オルセン、コーエンがかつてあいまい意思決定という議論を展開していたのですが、それに関する批判的な議論でもあります。

                                                            彼らは、意思決定には、見過ごしややり過ごしという現象があるとしています。そのうち、問題が消えたり、忘れられたりするといいます。

                                                               しかし、実際には、そうはならいで、むしろ問題が解決を求めて迫ってくることもあります。今回のケースは、問題の先送り、見過ごし、やり過ごしをして失敗したのです。

                                                           関心ある人は、以下の記事を読んでみてください。

●AERA.dot

https://dot.asahi.com/dot/2018060700026.html?page=1

●Yahoo(たくさんのコメントをいただいています)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180607-00000026-sasahi-soci                                               

 

菊澤研宗: 改革の不条理 日本の組織ではなぜ改悪がはびこるのか (朝日文庫)

菊澤研宗: 改革の不条理 日本の組織ではなぜ改悪がはびこるのか (朝日文庫)
拙著『組織の不条理』の姉妹編です。現代の不条理現象を分析しています。

2018年6月 7日 (木)

再:経営哲学学会関東部会(非会員の方もOK)

学会の案内です。

非会員・一般の方の参加費1000円で参加可能です。
学生はただ(for free)です。

登録など必要ありません。

勉強が好きな人は、そのまま来て参加してください。(参加費1000円です)

この学会は勉強が好きな人にはオープンです。

ーーーーーーーーーーーーー
経営哲学学会関東部会のお知らせ
関東部会長 菊澤研宗(慶應義塾大学) 

日時場所:
6月9日土曜日14時から
慶應義塾大学三田校舎
研究室棟1階AB会議室(添付ファイルの10番の建物1階)
(参加費1000円 懇親会費込み)

――――――――――――――――
司会 三橋 平(慶應義塾大学)

(1)14時(報告30分、コメント約10分、質疑約20分)
報告者:柴田 明(日本大学)
テーマ:「オーダー・エシックスの理論的特質と企業倫理としての可能性」
コメンテータ:糟谷 崇(杏林大学)

(2)15時10分頃(報告30分、コメント約10分、質疑20分)
報告者:粟野智子 高尾義明(首都大学東京)
テーマ:「ミッション志向企業における経営理念の浸透が個人にもたらす影響
   ー心理的ウェルビーイングに注目してー」
コメンテータ:三橋 平(慶應義塾大学)

――――――休憩―――――――――

(3)16時30分頃(報告30分、コメント10分、質疑20分)
報告者:木下靖朗(ニッセイアセットマネジメント)
テーマ:「なぜ投資家・経営者間の対話は失敗に終わるのか
    ーコーポレート・ガバナンス理論を踏まえた一考察ー」
コメンテータ:吉田和江(大手証券会社)

――――――――――――――――――
(4)18時から懇親会 北館ファカルティクラブ

Photo

2018年6月 6日 (水)

講談社「現代ビジネス」に日大アメフト部問題の記事掲載

最近、話題になっている日大アメフト部の問題をめぐって不条理分析を行いました。そして、その記事が講談社「現代ビジネス」のサイトにアップされました。ぜひ一読お願いします。

 日本における体育会系運動部組織は、旧日本軍組織と同じ構造になってます。選手は命令されて反則行為をしたが、監督やコーチはそんな命令はしていないという。若い兵士は命令されて特攻行ったが、海軍上層部はそんな命令はしていないという。あれは、若い兵士の志願だったという。

 この組織構造の何が問題なのか、これを明らかにする。ぜひ一読お願いします。

●講談社「現代ビジネス」

菊澤研宗

日大アメフト部問題と「旧日本軍の組織と論理」の共通点が見えた

ー軍隊をまねた体育会系部活の不条理ー

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55967

菊澤研宗: 改革の不条理 日本の組織ではなぜ改悪がはびこるのか (朝日文庫)

菊澤研宗: 改革の不条理 日本の組織ではなぜ改悪がはびこるのか (朝日文庫)
拙著『組織の不条理』の姉妹編です。現代の不条理現象を分析しています。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31