慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

« ガダルカナル化の意味(菊澤著『組織の不条理』) | トップページ | 組織の不条理のYoutubuでのコンピュターによる解説 »

2017年4月14日 (金)

インパール化の意味(『組織の不条理』)

  拙著『組織の不条理』で提唱している「インパール化」の意味とは、
日本人が好きな「あいまいな状況」や「あいまいさ」の中では、
良き人々が退出し、悪しき意図をもつ人々が表舞台にでてくるという現象のこと。
(進化論の自然淘汰の反対現象、逆淘汰:アドバース・セレクション現象のこと)

  大東亜戦争でのインパール作戦とは、牟田口廉也中将が絶対に壊滅的な敗北となる作戦を提唱し、当然、それに多くの人々が反対したが、なぜか承認され、予想どおり、数万人の将兵が無駄死にした作戦のこと。

  この作戦の承認プロセスでは、大本営が「作戦準備命令」というあいまな状態を続けて
いる間に、良識派はこの作戦は実行されることはないと考えて沈黙化し、悪しき政治的
意図をもつ人々は、この作戦が実行される可能性があると考えて、大声を出し始め、
結局、無謀な作戦が承認されるという最悪の作戦のこと。

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

自動代替テキストはありません。

« ガダルカナル化の意味(菊澤著『組織の不条理』) | トップページ | 組織の不条理のYoutubuでのコンピュターによる解説 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31