慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

« 拙著『組織の不条理』が日経新聞の広告に! | トップページ | ガダルカナル化の意味(菊澤著『組織の不条理』) »

2017年4月14日 (金)

組織の不条理現象とは

 拙著『組織の不条理』中公文庫について、少し解説したい。

●従来の経済学の仮定では、すべての人間は完全に合理的であると仮定される。全知の人間が仮定され、常に最適な選択を行う人間である。このような完全合理的な人間世界では、効率性と正当性、個別と全体、短期と長期は一致することになる。それゆえ、不条理はおこらない。

●ところが、現実の人間は完全に合理的ではなく、不完全な情報しかえることができない。情報をたくさん得ようとすると、コストが発生する。つまり、人間の合理性は限られているのである。これを「限定合理性」という。

●このような限定合理性の世界では、効率性と正当性は一致する保証がない。一致させるには、コストがかかる。このコストの大きさを考えると、効率的だが不正であるという現象、個別合理的だが全体非合理な現象、短期的合理的だが長期的に非合理という現象が起こる。これが、不条理である。

●このような不条理がより具体的にどのように発生するのか。この理論的メカニズムについて説明し、いかにしてこのような不条理を避けることができるのか、これについて説明しているのが、拙著『組織の不条理』である。

関心のあるひとは、ぜひ一読お願いしたい。

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

自動代替テキストはありません。

« 拙著『組織の不条理』が日経新聞の広告に! | トップページ | ガダルカナル化の意味(菊澤著『組織の不条理』) »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30