慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 慶應MCCアゴラ講座 リーダーの条件 組織の不条理 | トップページ | 修士論文、航空自衛隊シンポ、組織の不条理 »

2017年2月13日 (月)

カント、ドラッカー、小林秀雄、そして反特攻

   カントが発見した人間組織の原理とは、シンプルである。「自分の目的を達成するために、他人をモノや動物のようにあつかうべきでない(単なる手段とするな、あくまで一人の人間として扱え)!」である。これを、ドラッカーは「真摯さ」といい。小林秀雄は「大和心」という。

 

 

さて、終戦まじか。若き美濃部少佐率いる「芙蓉隊」という航空部隊。夜間攻撃部隊である。美濃部少佐が熱心に育てた部隊でもある。

 

   ある日の作戦会議で、速度の遅い練習機も含めて、「芙蓉部隊」の沖縄「特攻」作戦が議論された。このとき、若き美濃部少佐は異議を申し立てる。これまで航空攻撃をたくさん経験している美濃部は、特攻がもはや効果がないことを知っている。ましてや、練習機などは速度が遅すぎて無意味。

 

   特攻ではなく、別の作戦を!「夜間攻撃」をさせてほしいという。一生懸命練習している姿を見に来てほしいという。特攻を拒否した部隊として知られているが、「特攻」自体を否定したのではない。美濃部少佐は、「隊員はだれも死ぬことなど恐れていません」という。「死ぬ意義がほしい」という。「部隊」を人間として扱ってほしい、単なるモノや手段と見ないでほしいと訴えた美濃部少佐がいい。泣けてくる。

 

●慶應MCC

菊澤:リーダーの条件講座

http://www.sekigaku-agora.net/course/kk_2017a.html

 

« 慶應MCCアゴラ講座 リーダーの条件 組織の不条理 | トップページ | 修士論文、航空自衛隊シンポ、組織の不条理 »

11)ポパーとカントの哲学」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30