慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月25日 (土)

修士論文、航空自衛隊シンポ、組織の不条理

昨日は、体調が悪かったのですが、午前中、何とか無事、劉さんの修士論文の面接もうまくいき、良かったです。劉さん、修士号、おめでとう。

 

その後、体調が悪かったのですが、防衛省航空自衛隊のシンポジウムで報告、久しぶりに一橋大学の沼上さんと会えて、非常に有意義かつ楽しかったです。

 

現在と未来の日本の学会、そして今後の日本の経営学者の方向性など、いろいろと話をし、お互い考えが一致していたので、私は非常に安心しました。

 

また、シンポジウム自体も非常に楽しく面白かったです、私は沼上さんの本の内容を知っているので、久しぶりに沼上さんの頭の良い組織論の報告を聞かせてもらい、とても愉快でした。特に「宦官」や「きつね」の話は面白いです。

 

ということで、まだ体調は悪いのですが、無事、仕事をこなしました。残りは、3月はじめてに船橋での講演だけとなりました。

 

あとは、3月末に発売される菊澤研宗著『組織の不条理』中公文庫もしっかり今回自衛隊でも宣伝してきました。関心のある人は、ぜひよろしくお願いします。780円ぐらいです。キンドル版はすでにアマゾンで販売されています。こちらもよろしく。

●『組織の不条理』文庫版

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122063914/kikuzawakensh-22

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

2017年2月13日 (月)

カント、ドラッカー、小林秀雄、そして反特攻

   カントが発見した人間組織の原理とは、シンプルである。「自分の目的を達成するために、他人をモノや動物のようにあつかうべきでない(単なる手段とするな、あくまで一人の人間として扱え)!」である。これを、ドラッカーは「真摯さ」といい。小林秀雄は「大和心」という。

 

 

さて、終戦まじか。若き美濃部少佐率いる「芙蓉隊」という航空部隊。夜間攻撃部隊である。美濃部少佐が熱心に育てた部隊でもある。

 

   ある日の作戦会議で、速度の遅い練習機も含めて、「芙蓉部隊」の沖縄「特攻」作戦が議論された。このとき、若き美濃部少佐は異議を申し立てる。これまで航空攻撃をたくさん経験している美濃部は、特攻がもはや効果がないことを知っている。ましてや、練習機などは速度が遅すぎて無意味。

 

   特攻ではなく、別の作戦を!「夜間攻撃」をさせてほしいという。一生懸命練習している姿を見に来てほしいという。特攻を拒否した部隊として知られているが、「特攻」自体を否定したのではない。美濃部少佐は、「隊員はだれも死ぬことなど恐れていません」という。「死ぬ意義がほしい」という。「部隊」を人間として扱ってほしい、単なるモノや手段と見ないでほしいと訴えた美濃部少佐がいい。泣けてくる。

 

●慶應MCC

菊澤:リーダーの条件講座

http://www.sekigaku-agora.net/course/kk_2017a.html

 

2017年2月 7日 (火)

慶應MCCアゴラ講座 リーダーの条件 組織の不条理

慶應MCCのアゴラ講座で私の講座に参加してくれている鈴木社長のHPで、私の考え(不条理論)を取り入れて、以下のような大胆なHPを公開しています。すごいです。うれしいですね。

●鈴木エンタープライズの企業理念

http://secorp.co.jp/wordpress/?page_id=60

 

●最近の私は、さらにリーダーの条件として、「自律」、「責任」、「価値判断」、「尊厳」、「気品」「誠実さ(真摯さ)」といった言葉に関心をもっており、科学とこれらの関係について、4月からの講座ではみなさんと議論してみたいと思います。関心のある人はぜひ参加してください。

●慶應MCCアゴラ講座「リーダーの条件」

http://www.sekigaku-agora.net/course/kk_2017a.html

●山本五十六は、米国留学し、損得計算すると、日米開戦では100%負けることは知っていました。しかし、連合艦隊司令長官に着任したとき、この役職を辞することなく、「決意」しました。いろんな解釈ができますが、「品がいい」という解釈も可能だと思います。しかし、そのような意思決定には重大な問題があります。こういったことを議論してみたいと思います。

●「組織の不条理」の文庫版

アマゾン:菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ(中公文庫版)

菊澤 研宗: 組織の不条理 - 日本軍の失敗に学ぶ (中公文庫 き)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31