慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 明日は菊澤ゼミ個別説明会です。教室の訂正J415教室 | トップページ | 義塾賞を受賞しました。 »

2016年11月13日 (日)

シュールレアなアパレル産業に向けて

日本のアパレルは弱いといわれている。
 
こうした中、ルイヴィトンを魅了する第一織物社長の考えは、ハイテクではなく、ローテクが必要だという。たとえば、「ポリエステル100%なのに綿のような手触りを持つ生地、麻にしか見えない軽やかな生地など。見え方や質感など、人間の感覚に訴えかける商品」が有望だという。
 
つまり、私の言葉でいえば、こうですね。
「シュールレアリスティックな生地」を目指せ、これである。
 
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/092900020/100700010/?ST=print

« 明日は菊澤ゼミ個別説明会です。教室の訂正J415教室 | トップページ | 義塾賞を受賞しました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31