慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 日本の経営学関連学会の今後 | トップページ | コーポレート・ガバナンス »

2016年4月16日 (土)

ダイナミック・ケイパビリティ論は戦略論か、経営論か

 ダイナミック・ケイパビリティ論については、たぶん多くの人がそれを経営戦略論の流れの中に位置づけているように思える。

 しかし、デイビット・ティースの最近の論文を読んでいると、ダイナミック・ケイパビリティと戦略は異なると主張している。そして、ルメルトの良き戦略とダイナミック・ケイパビリティが結びついて、持続可能な優位性を企業は獲得できると考えているようだ。

 だとすると、ダイナミック・ケイパビリティ論は戦略論というよりも、マネジメントに関係しているように思える。

 「ダイナミック・ケイパビリティ・マネジメント」あるいは「ダイナミック・ケイパビリティ経営学」というのが、今後の方向かもしれない。

(1)環境・状況認識

(2)自社内の競争優位資源(VRIN)

(3)良き戦略(ルメルト)

これら3つを結びつける働きをしているのが、ティースのダイナミック・ケイパビリティなのである。

●ダイナミック・ケイパビリティに関心のある人は、以下を参考に。」

菊澤 研宗: 組織の経済学入門 改訂版

菊澤 研宗: 組織の経済学入門 改訂版

« 日本の経営学関連学会の今後 | トップページ | コーポレート・ガバナンス »

ダイナミック・ケイパビリティ」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30