慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« ソクラテス カント ポパー | トップページ | 小林秀雄、本居、ソクラテス、そしてカント »

2016年2月 5日 (金)

科学ともののあわれ

   以下の記事、「なぜ死んだ子供の手があったかいのか」素晴らしい親。

   科学者は、その理由を物理的に説明するだろう。それは、人が冷めないように、手を温めていたからだというだろう。

 しかし、そのような科学的で物理的な説明だけでは寂しいし、浅いね。われわれは、もっと深いところを理解したい。

   小林秀雄が「科学に負けてはいけない」といい、大和心とか、もののあわれとかというものがそこにある。

  組織管理論の本質は、人間に関する深い理解だと思う。

●『<スキー教室衝突死>明るかった「えりちゃん」の手、温かく』

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160204-00000054-mai-soci

 

菊澤研宗: ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー(祥伝社新書)

菊澤研宗: ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー(祥伝社新書)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

« ソクラテス カント ポパー | トップページ | 小林秀雄、本居、ソクラテス、そしてカント »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31