慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« ブラックサンダー、理論負荷性、そして帰納法 | トップページ | ダイナミック・ケイパビリティについて »

2015年6月11日 (木)

ダイナミック・ケイパビリティとグローバル経営

 現在、世界では、ダイナミック・ケイパビリティに関心を持っている経営学者が多い。このダイナック・ケイパビリティをめぐる議論はいまだ明確ではない。

 その理由は、その創始者が明確でないからである。たくさんの人が主張しているために、まとめるのが難しい。しかし、最近は、デイビット・ティース教授がその中心だといってよい。

 ダイナミック・ケイパビリティは、とくに経営戦略論の分野で注目されているが、やはり三つの分野を通して理解した方がよい。

(1)経営戦略論の流れ、

(2)企業境界問題(垂直統合問題)

(3)グローバル経営の流れ(多国籍企業論)

これまでHBRで三つの流れで、ダイナミック・ケパビリティ論を紹介してきたが、今回は(3)です。

関心ある人は以下のサイトを見てください。

●連載「ダイナミック・ケイパビリティの戦略学」:第5回なぜYKKはグローバルに強いのか?:ダイナミック・ケイパビリティと多国籍企業論

http://www.dhbr.net/articles/-/3312

●ドラッカーの方もよろしく。

菊澤研宗: ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー(祥伝社新書)

菊澤研宗: ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー(祥伝社新書

« ブラックサンダー、理論負荷性、そして帰納法 | トップページ | ダイナミック・ケイパビリティについて »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30