慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« ドラッカーコレクション | トップページ | 日本の大学に修士課程は不要である »

2015年6月19日 (金)

多様性と均一性についての考察

 

 先日、経営哲学学会の部会では、女性労働をめぐって多様性が問題になった。 

  多様性と均一性、これについてどう考えるか。

 均一だと、競争が起こりやすく、多様だと、競争を避け、相対主義化が起こりやすい。  

  相対主義とは、競争を避け、同じ土俵でないと、真の議論はできないとか、あなたはあなた、私は私の好きなことをやるとかいった展開になる。そして、最後に、やってくるのは、暴力かもしれない。話し合いができないので。  

  均一的だと、競争が起こるが、全体としては同じ方向を向くことになる。そして、その方向に進むと、全体が絶滅するとわかっていても、そこに何か美しさや美学を感じて失敗する可能性もある。  

  最近の私の考えは、人間に関して、多様性よりも均一性をもとめたほうがいいのではないかと考える。というにも、人間はもともとひとりひとり多様なので、どれだけ均一性も求めても、それは多様性の上に立っていると考えられるから。

 多様性のもとに、さらに多様性を求めることは非効率的で危険な気がする。

菊澤研宗: ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー(祥伝社新書)

菊澤研宗: ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー(祥伝社新書

« ドラッカーコレクション | トップページ | 日本の大学に修士課程は不要である »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31