慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 帰納の論理のみならず帰納的な方向性すらない by Popper | トップページ | BEST BOOK アンケート »

2015年5月29日 (金)

朝日新聞の書評 『ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー』

菊澤研宗: ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー(祥伝社新書)

菊澤研宗: ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー(祥伝社新書)

 24日日曜日 朝日新聞朝刊に、拙著の書評が掲載された。とてもうまく拙著について書いてあったので、驚いた。清野さんというジャーナリストの方は、文章がうまい。読ませます。関心のある人は、ぜひ以下の書評を読んでみてください。

朝日新聞の書評

[文]清野由美(ジャーナリスト)  [掲載]2015年05月24日

■データ主義に対抗し再発見

 『もしドラ(もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら)』ブームに代表されるように、日本人はドラッカーが好きだ。ところがアメリカの経営学者間では昨今、ドラッカーはまったく顧みられないのだという。なぜならそこは「統計ソフトを駆使してデータを処理」する「異常なまでの実証主義」が支配する場と化しているからだ。

 データ主義の弊害は大きい。その一例が、相関命題の乱用。たとえば“松岡修造が海外に行くと、日本の天気が悪くなる”といった、なーんちゃって仮説でも、それをデータで実証すれば研究成果になってしまう。この場合、データは都合のいいものだけが注意深く使われる。そんな「科学」に支配された経営が陥る事態とは何か。すなわち「合理的に」失敗するのだ。・・・・・・・・・・・・・・

(続きは以下のサイトで読めます)

http://book.asahi.com/reviews/column/2015052400016.html

« 帰納の論理のみならず帰納的な方向性すらない by Popper | トップページ | BEST BOOK アンケート »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30