慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« どいう意味で、帰納と演繹は対称的か | トップページ | 統計学に関する私の執念の疑念 »

2015年5月18日 (月)

海外のジャーナルに論文を投稿すること

  UCバークレー留学から帰国し、2本の論文を海外の有名ジャーナルに投稿した。

 運よく、いま2本とも、現在、審査中。そのうち、1本は今度で2度目の修正。私の書き方が日本式なので、かなり摩擦が生じている。

  特に、レビュアーがResearch Methodについての説明をもとめてきたので、論理実証主義ではなく、自分の立場はポパーの批判的合理主義だと説明したら、レビュアーが怒っている感じ。はむかっているので、本当に怒っている。

  海外のジャーナルは難しい。しかし、コメントをみると、最初は腹が立つが、本当にいろいろと勉強になる。私ももう年なので、別のことをすべきなのだが、このレビュアーとのやり取りが結構面白いのだ。

 今回は、2本とも玉砕しそう、おそらくリジェクトされるだろう。まあ、それでもいい。私の場合、昇進に関係しているわけでもないので。しかし、世界と少しはつながった感じがする点が面白いね。

  しかし、私にとっては、It was too late かな。まあ、年老いているので、脳の体操です。

 しかし、私の新書ドラッカーの本は売れないですね。そんなにつまんなかったのか、難しかったのか。日本で、売れる本を書くのは難しい。

菊澤研宗: ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー(祥伝社新書)

菊澤研宗: ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー(祥伝社新書)

« どいう意味で、帰納と演繹は対称的か | トップページ | 統計学に関する私の執念の疑念 »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30