慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 地味な拙著の存在感 | トップページ | 朝日新聞の書評 『ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー』 »

2015年5月27日 (水)

帰納の論理のみならず帰納的な方向性すらない by Popper

 

菊澤研宗: ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー(祥伝社新書)

菊澤研宗: ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー(祥伝社新書)

 いまだ「帰納の論理」という神話を信じている人が多い。帰納法は真の論理ではない。有限の観察から無限の普遍的理論言明を導く論理はないのだ。

 さらに、ポパーは、観察から初めて理論を作るという帰納的な方向性すらないという。すべての観察は、理論、観点、関心に基づいているからだ。われわれは、理論や観点や関心がないと、観察できないのだ。

 観察は選択なのだ。「みてください!」とお願いしていも、どことをみていいかわかないのだ。また、出来の悪い学生に多いのだが、データーを集めて、新しい仮説を帰納的に作ろうとする学生がいる。結果は、わかっている。常識的な仮説命題となる。なぜか。常識にもとづいて、データーを選んでいたからである。観察から始まっていないのだ。

  我々の認識は知識、言語などに依存するのだ。これを理論負荷性のテーゼという。

  鍵を落とす。どうやってみなさんは探すか。世界は無限に広がっている。そこで、みなさんは観点を決める。それは、今日、一日の行動を思いだすことだ。そして、その記憶的知識に基づいて観察する。

 問題ここだ。もしその記憶が間違っていて、今日はこの部屋に来ていないと思い込む。そのとき、たとえその部屋に、しかも自分の足元に鍵があっても、見えないなのだ。人間は。

 以上のように、帰納的な方向すらない。観察は常に理論とともに始まる。つまり、演繹的だ。

 では、帰納的な確率言明はどうか。それは、現実を表しているのではなく、自分の心の中の確信の度合いを表しているにすぎないというのが、ポパーの答え。これについては、次回に。

菊澤研宗: ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー(祥伝社新書)

菊澤研宗: ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー(祥伝社新書)

 

 

« 地味な拙著の存在感 | トップページ | 朝日新聞の書評 『ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー』 »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30