慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

« 本の翻訳について | トップページ | 経営哲学学会 関東部会開催のお知らせと招待 »

2015年4月14日 (火)

日本の社会科学者は理系学者よりもレベルが低いのか

 日本の理系は、これまでたくさんのノーベル賞受賞者を輩出してきた。ところが、日本の文系はレベルが低く、いまだノーベル経済学賞を受賞したものはいない。

 したがって、日本の社会科学者のレベルは低い。もっと日本の社会学者は高度は数理を駆使して理論を展開すべきだ。あるいは、もっとレベルの高い研究をすべきだ、とかいろいろ言われる。

 しかし、私が言いたいのは、実はすでに優秀な理系の研究者がかなり文系分野に入ってきているのだ。しかし、ものすごい業績を上げた日本の理系研究者を私は知らない。

 理系の研究者が思っているほど社会科学的問題は簡単に解けないように思う。

 なんせ、ある社会現象の発生を正確に予測しても、それを知ると、人間はそれに反応にして行動を変えるという厄介な存在なのだ。だから、予測できないのだ。

菊澤研宗: ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー(祥伝社新書)

菊澤研宗: ビジネススクールでは教えてくれないドラッカー(祥伝社新書)

 

 

« 本の翻訳について | トップページ | 経営哲学学会 関東部会開催のお知らせと招待 »

学問・資格」カテゴリの記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31