慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« ピケティの議論は面白い | トップページ | 3年ぶりの新しい本に向けて »

2015年2月 4日 (水)

ダイナミック・ケイパビリティとデムセッツ

ハロルド・デムセッツというと、所有権理論の大家である。

実は、彼は競争社会は格差を広げるということを昔から言っていたので、最近のピケティの議論との関係で、彼の論文を読み直している。

すると、別のことがわかった。実は、デムセッツは、ウイリアムソンの取引コスト理論を批判しているのだが、そこにダイナミック・ケイパビリティに近いことをすでに議論していることも分かった。

デムセッツの議論は、非常に役に立つので、もう少し彼の論文を正確に読んでみたい。

菊澤研宗: 組織の不条理―なぜ企業は日本陸軍の轍を踏みつづけるのか

菊澤研宗: 組織の不条理―なぜ企業は日本陸軍の轍を踏みつづけるのか

菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

« ピケティの議論は面白い | トップページ | 3年ぶりの新しい本に向けて »

ダイナミック・ケイパビリティ」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30