慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 日本企業に求められるダイナミック・ケイパビリティ | トップページ | ダイナミック・ケイパビリティの研究の仕方 »

2015年2月20日 (金)

2015年度菊澤ゼミ入ゼミの宣伝(2)

 菊澤ゼミ入ゼミ試験も近づいてきました。菊澤ゼミに関心をもっている2年生に、私からいくつかゼミについて説明したいと思います。今回は、研究内容ではなく、形式について説明します。

(1)最近、よくいろんな先生とゼミについての話をするのですが、私の印象では菊澤ゼミの学生のレベルはそれほど低くないと思います。私自身、学生のレベルについて、ほとんど不満をもっていません。特に、私の大学時代に比べると、みんなよくできると思います。

(2)さて、菊澤ゼミでは、前期4,5,6,7月まで、かなり多くの課題が与えられます。週2回、月曜日と金曜日に、ほとんど毎週グループ研究によるパワーポイントのプレゼンを行います。グループであっても、必ず各自プレゼンをしなければならないという条件です。

(3)さらに、同時に、個人研究として毎月ミニ論文を書いてもらい、学会形式で全員が個人発表、司会、コメンテーターを行います。論文はすべて私が必ず読んで評価し、ベスト3を公表します。

(4)以上のような状況ですので、菊澤ゼミに入りたい人はゼミ第一でお願いすることになります。そうしないと、他のゼミ員に迷惑をかけることになります。

(5)もしゼミ以外に重要なクラブに入っているならば、菊澤ゼミは物理的に難しいかもしれません。これは、やる気とか気合いの問題ではなく、物理的に難しくなります。

(6)ゼミは月曜と金曜の2回ですが、それは発表会であって、残りの日々は発表のために勉強していることになるのです。

以上のような状況ですが、関心のある学生は菊澤ゼミにぜひ挑戦してほしいと思います。

« 日本企業に求められるダイナミック・ケイパビリティ | トップページ | ダイナミック・ケイパビリティの研究の仕方 »

7)慶大菊澤ゼミナール情報」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30