慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 三菱UFJ R&C主催の講演会終了 | トップページ | アゴラ講座はいわゆる社会人のための菊澤ゼミ »

2014年12月21日 (日)

丸ノ内アゴラ講座:自由と組織

本日は、最後の丸の内アゴラ講座。これまで「組織と自由」という難しいテーマで行ってきた。

 

行動経済学的にいうと、人間は「言い方」(フレーミング効果)に依存してしまう。たとえば、「批判」という日本語は、日本人にとっては「非難」「否定」に近くなる。英語では「critical」なので、「限界的」「重要な」「きわどい」などの意味になる。もちろん批評とかもあるが・・・・

同様に、「自由」という言葉は、日本人は「なんでもできる」「無制約」というヘーゲル的な意味に近い。しかし、カントの「自由」はそうではなく、日本語でいうと「自律」という意味だ。

このように理解すると、カントにとって、人間はどこまで「自由」が可能かという問題設定はない。カントにとって、「自律」は人間としての義務であり、人間としての証である。動物や物体に「自律」はないからである。

それゆえ、人間が自律的に組織のメンバーとなっているような組織は強い。人に言われたからとか、お金につられたからとか、親に言われたから、その組織のメンバーになっているわけではないからである。

こういった意味で、強い組織には人間の自律性つまり自由は必要なのである。

菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

 

« 三菱UFJ R&C主催の講演会終了 | トップページ | アゴラ講座はいわゆる社会人のための菊澤ゼミ »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30