慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« まるで神の手に導かれるように | トップページ | 長く残る本とは »

2014年10月16日 (木)

バークレーでお世話になったマフィーさんのこと

 昨日は、野中先生にお会いし、ランチをごちそうになった。楽しかった。野中先生は相変わらずお元気で、学問的にいろんな刺激をいただいた。

 しかし、野中先生から、悲しい話も聞いた。 バークレーのイノベーション研究所の事務長だったマフィーさんがガンで亡くなったということ。驚いた。

 スタンフォードの医学部でガンの手術をしたことは知っていたが、その後、転移が見つかり、アッという間に亡くなったようだ。

 マフィーさんは、長年、デイビット・ティース教授を支えてきた女性で、マフィーさんなくしてティースさんのいまはないかもしれない。

 本当にいい人で、僕が1年目に来たとき、とてもいい部屋を用意してくれたのだが、2年目、教員が増えて、その部屋から追い出され、小さなスペースの場所に変わった。このとき、マフィーさんが私の部屋の横を通るたびに、「こめんね、こんなところで・・・」と必ず、声をけてくれた。

 また、今年の3月、帰国するとき、「また1年以内に遊びに来てね」といわれ、「今度くるときは、マフィーさんが好きなお菓子をたくさん持ってくるから・・」といったのを覚えている。

 本当に、いろいろとお世話になった。  ご冥福を祈りたい。   

« まるで神の手に導かれるように | トップページ | 長く残る本とは »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31