慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 長く残る本とは | トップページ | ダイナミック・ケイパビリティの紹介 »

2014年10月19日 (日)

人間の自由と組織の本質について考える

  昨日から、丸の内でアゴラ講座「人間の自由と組織の本質」がはじまりました。優秀な社会人の方々がたくさん参加してくださり、今後、いろんな議論ができるのではないかと楽しみにしております。3時間があっという間に過ぎてしまいました。  第一回目は、自由論の基本であるヘーゲルの全体主義(神)自由とカントの人間主義的自由についてお話しました。特に、カントに関しては「理論理性」と「実践理性」のお話しをしました。  次回は、このカントの流れから理論理性に対応する「目的合理性」と実践理性に対応する「価値合理性」の概念を用いて、資本主義の成立発展を説明したマックス・ヴェーバーに進みます。  半学半教の精神で、私自身も勉強させてもらいたいと思っています。米国から帰国し、日本の社会人が哲学にも関心もってくれてることに、感心するとともに、安心もしています。

« 長く残る本とは | トップページ | ダイナミック・ケイパビリティの紹介 »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30