慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 学問の秋:道を開けるか? | トップページ | バークレーでお世話になったマフィーさんのこと »

2014年10月11日 (土)

まるで神の手に導かれるように

 

 長く生きていると、だんだんわかってくることがある。人との出会いの不思議ささだ。自分が積極的に会いに行くというわけではないが、あたかも神の手に導かれるように、偶然、会うことになる、というケースがあるのだ。

 

 とくに、私が不思議に思うのは、有名な研究者との出会いだ。学会に行っても、意図して会いに行っているわけではないが、不思議なことに広い校舎の中でも、会ってしまう人がいる。本当に神の手に導かれるように。

 

 また、有名人との出会いもそうだ。まったく予期せず、神のいたずらかと思えるほど不思議と会うことになる。本当にびっくりするときがある。

 もちろん、私は信心深い人間ではない。むしろ、社会科学者だと自負しているくらいだ。しかし、人との出会いに関しては、本当に不思議だ・・・という体験を何度もしている。

« 学問の秋:道を開けるか? | トップページ | バークレーでお世話になったマフィーさんのこと »

3)学者様の不思議な世界」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30