慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 若い学者から年配の学者へと変化していくのだが | トップページ | 講演で企業人と交流するということ »

2014年9月17日 (水)

10月のアゴラ講座:自由、分権、そして集権

  組織について考えるとき、「人間の自由」、「人間の自律性」、「人間の自律的意志」について深く考える必要がある。

 

 昔、H.A.サイモンが伝統的な経営管理原則を非科学的と批判し、「ことわざ」のようなものだと揶揄した。彼は具体的にいろんな点を批判したのだが、以下の二つの原則が相互に矛盾していることを指摘した。

(1)組織は職務に従って分権化すべきである。

(2)組織は全体を調整するように集権化すべきである。

 サイモンは、ここで集権性と分権性が矛盾すると考えたのである。組織は、どこまで集権化し、どこまで分権化すればいいのか。最適点があれば、明確にしてほしい、それが科学だと主張したのだ。

 

 しかし、このサイモンの批判は的外れである。集権性と分権性はまったく異なる次元のものなのだ。そのことを明確に理解していたのは、オーストリア出身のピーター・ドラッカーであった。

 

 集権制組織は、「命令と服従の原理」にもとづく因果論的な機械論的組織であるのに対して、分権制組織は、自由と責任の原理にもとづく有機体的な組織なのだ。前者には、人間の自由はない。後者には自由があるのだ。

 

 命令と服従の原理に基づく集権制組織から生まれたのは、ユダヤ人を大量虐殺したアイヒマンである。彼は、法廷で、自分は上司の命令に忠実に従っただけだと何度も主張した。そして、その平凡さに気付いたのは、ハンナ・アーレントであった。

 集権制組織と分権制組織。どちらがより強い優れた組織なのか?10月からはじまるアゴラ講座では、このような問題について、みなさんと議論してみたいと思います。

以下の講座を開講します。関心のある方はぜひご参加ください。

●菊澤研宗先生と考える【人間の自由と組織の本質】
―社会の問題を自分達の問題として捉え直す―
10月18日(土)開講、全6回、土曜日

http://www.sekigaku-agora.net/course/kikuzawa_k.html

 

 

 

 

 

« 若い学者から年配の学者へと変化していくのだが | トップページ | 講演で企業人と交流するということ »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30