慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 米国における学閥 | トップページ | 私の好きな経営者とは、「やっぱりお金じゃないよね」といえる経営者。 »

2014年7月19日 (土)

カントと対決していた岩崎武雄教授のアカデミック・ロマン

 哲学者の中でも、私が最強と思うのはカントである。カント哲学を知るには、だれの本を読んだらいいのかといわれると、私は必ず東大教授、故岩崎武雄の著作を紹介することにしている。いまでも、最高だと思う。

 

  特に、好きなのは、岩崎武雄『カント「純粋理性批判」の研究』である。これは、カントの単なる注釈ではない。 解説を通して、カントとの哲学的対決を目指したものと言われている。

 

 このような試みに、学者としてのロマンを感じるのは、私だけだろうか。私も、ドラッカーの本を通して、哲学的対決をしてみたいと思った。これまで新制度派経済学の応用ばかりに目を奪われ、理論的な議論のすばらしさを少し忘れていたので。

« 米国における学閥 | トップページ | 私の好きな経営者とは、「やっぱりお金じゃないよね」といえる経営者。 »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30