慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« まずはドラッカーの経営哲学を書きたい | トップページ | カントと対決していた岩崎武雄教授のアカデミック・ロマン »

2014年7月18日 (金)

米国における学閥

 日本には、いまだ学閥あるように思える。その典型的な例が、慶応義塾大学だ。三田会。それは、日本のどの業界にもあるようだ。

 それを悪とみるか、良しとみるか。もちろん、慶応関係者にとっては、メリットをもたらす団体だ。よく、慶応義塾大学を卒業してから、慶応大学の良さを知ったということを聞くのも、これだ。

 さて、問題は米国だ。米国にはこのような学閥はないのだろうか。なんとなく、日本と違って、そんなものはないようにも思える。

 しかし、そうだろうか。私はあるように思っている。私は2年間カリフォルニア大学バークレー校に留学していたが、バークレー繋がりは非常に強いように思える。スタンフォードではなく、やはりバークレーなのだ。

 その結びつきは、卒業後もおそらく強いと思われる。慶応出身者が感じているような見えない何かがあるように思える。しかも、それが世界レベルで展開されているように思える。

 帰納的推論はあてにならないが、おそらくハーバードも、コロンビアも、プリンストンも状況は同じだと思う。

 人間組織には、普遍的な原理があるように思うことがある。しかし、これはあくまで私の個人的な主観である。

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

 

 

 

« まずはドラッカーの経営哲学を書きたい | トップページ | カントと対決していた岩崎武雄教授のアカデミック・ロマン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31