慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« ジーンズをはくということ | トップページ | 本日は折谷先生から元気をもらった:行動取引コスト経済学に向けて »

2014年7月21日 (月)

ダイナミック・ケイパビリティの二つの起源

 デイビット・ティースのダイナミック・ケイパビリティは二つの起源をもつ。一つは、戦略論や学習論であり、もう一つは取引コスト理論である。

 

 本人は、取引コスト理論の限界を超える形でダイナミック・ケイパビリティを展開しているように思えるが、他の研究者は戦略や学習論の延長上にそれを位置づけたいようだ。

 いずれにせよ。このダイナミック・ケイパビリティ論はいろんな分野に広がりつつあるようだ。言い方を変えると、もう経営学にはこれしかないような枯渇した状態なのだ。

 

 理由は、みんな小ネタの実証研究ばかりしているので・・・・

« ジーンズをはくということ | トップページ | 本日は折谷先生から元気をもらった:行動取引コスト経済学に向けて »

ダイナミック・ケイパビリティ」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30