慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 組織で命令されるとと顧客から注文を受けるとには本質的な差はない。 | トップページ | ダイナミック・ケイパビリティの二つの起源 »

2014年7月20日 (日)

ジーンズをはくということ

 われわれが学生のとき、先生がジーンズをはいて講義をするというのは、何か反体制的な感じがした。左翼的な感じだった。

 

 たとえば、ドイツのフランクフルト大学に留学して帰国した先生は、講義でもジーンズをはいていた。当時、フランクフルト大学では新左翼、フランクフルト学派が出現し、影響力をもっていた。

 

 ところが私の場合はまったく異なる。カリフォルニア大学バークレー校にいくとわかるのだが、ここはリーバイスの創業家ハス一族のおひざもとだ。だから、みんなリーバースをはいている。先生も学生も。紺ブレで、革靴で、ジーンズだ。カジュアル・フォーマルだ。

 

 私のスポンサー教授のティース教授がイノベーション研究所の所長になったとき、パーティが開かれた。私はニューヨーク大学に留学したことがあり、パーティというと何かドレスコードがあるのではないかと思い。事務のパティさんに、ネクタイ着用かと聞いたら。

 

 ここはには、そんなドレスコードなんてないのよ。東側のニューヨークと違ってカジュアルでいいのよ。と言われた。

 

 だから、私がジーンズをはいているときは、反体制派ではなく、バークレー帰りの名残りとみてほしい。懐かしいなあ~。

 

 

« 組織で命令されるとと顧客から注文を受けるとには本質的な差はない。 | トップページ | ダイナミック・ケイパビリティの二つの起源 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31