慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 本日は折谷先生から元気をもらった:行動取引コスト経済学に向けて | トップページ | ウイリアムソンのいう「Remediable」とは何か »

2014年7月24日 (木)

今秋、慶応丸の内キャンパスで「自由と組織」について講座を担当します

 今秋、慶応大学丸の内キャンパスで、アゴラ講座として「人間の自由と組織の本質」ついてを担当します。

 この講座は、いわゆるゼミナールのような形で展開されます。毎回、前半は菊澤が講義をし、後半はみなんさんと議論するような形式となります。企業の垣根を越えて考えたり議論したりできる場となっています。

●菊澤担当講座は以下の通り。

http://www.sekigaku-agora.net/course/kikuzawa_k.html

テーマ「人間の自由と組織の本質」

第1回 カントとヘーゲルの自由論と組織

第2回 ヴェーバーの「二つの合理性」が意味するもの

第3回 アーレントが示唆した「権威と服従」のリスク

第4回 ドラッカーが唱えた「自由な経済社会」と企業の役割

第5回 フロムが憂えた「自由からの逃走」

第6回 現代アメリカの自由が抱える諸問題

●この講座では、組織と自由の関係について議論したいと思います。一見、組織と自由は相いれない印象を受けると思います。

 一方で「自由」には解放的で拘束のないイメージがあり、他方で「組織」には閉塞的で拘束的なイメージがあるからです。

 しかし、強い組織を作るには、実は人間の自由を基礎とする必要があります。このことを、みなさんと考えてみたいたと思います。

●関心のある方は、ぜひとも参加お願いします。

« 本日は折谷先生から元気をもらった:行動取引コスト経済学に向けて | トップページ | ウイリアムソンのいう「Remediable」とは何か »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30