慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 経済合理的マネジメントを追求する若者は不条理に陥ることになる | トップページ | アカデミックと民間の相互作用、そして不適合 »

2014年6月13日 (金)

慶応MCC夕学五十講義を終えて

 2日前、慶大MCC夕学五十講での講演を終えてホッとしている。実は、今回、内容がいくぶん地味なので、参加者のみなさんの反応はどうかなあ~と心配していた。しかし、何人もの方から「感動しました」というメールを、直接、いただき、こちらが驚いている。

 内容は、論理実証主義、ピンカー、カント、ドラッカーなど、決して簡単なものではなかったが、参加者のみなんさの様子を見ていたら、ある程度理解していただけたのではないかと勝手に想像している。時間も予定通り、ほぼぴったりで、終えることができた。

 また、全国11か所にネットで同時配信ということで、沖縄、大阪、そして名古屋からも興味深い質問が来て、本当に、各地で聞いてくださっているのだと改めて驚くとともに感謝している。

 やはり、日本にはまだ経営の哲学的な議論に関心をもつビジネス・パーソンがたくさんいるのだと改めて確信した。特に、理系出身の方も関心をもってくれたことに、感激している。

 米国流の経済合理的マネジメントを追求すると、不条理に陥る運命にあり、それを避けるには「ダイナミック・ケイパビリティ」も必要だが、最後はお金に囚われない「自由意志」が必要であり、それを引き出す人間主義マネジメントが補完的に必要だということ、これが私のメッセージ。

  経済合理性マネジメントを追求すると、合理的に正当性や完全安全性やイノベーションを避けることになる。つまり、合理的不正、合理的手抜きが起こることになる。これを論理的に説明できる。

  だから、いま政府が若者を煽り、東大や慶大や早稲田の優秀な学生たちが、1,2年生のときから起業家を目指して、一生懸命、経済合理的マネジメントを勉強しているが、そこに何か疑問や、そしてその先に悲しみを感じる。

私の話した内容に関心のある方は、以下をご覧になってください。非常に要領よく、まとめられています。さすが、S部長です。(私の写真が若すぎて、お恥ずかしい)

●慶大MCC夕学五十講

http://www.keiomcc.net/sekigaku-blog/2014/06/_20.html

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

« 経済合理的マネジメントを追求する若者は不条理に陥ることになる | トップページ | アカデミックと民間の相互作用、そして不適合 »

4)私の最近の論文・学会・講演活動」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30