慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 6月11日 夕学五十講 慶応大学 丸の内キャンパスで講演 | トップページ | 知的廉直性に対する根源的裏切り by B.ラッセル »

2014年5月 4日 (日)

フレームワークの神話

   K.R.ポパーの論文の中に、「フレームワークの神話」という論文がある。ここで、彼は相対主義を批判した。

 相対主義者は、同じ土俵(フレームワーク)でないと話し合いはできないという。同じ言語、同じ文化、同じ価値観でないと真剣に話ができないというのだ。だから、「あなたにはあなたの真理や価値や考えがあり」「私には私の真理や価値や考えがある」、互いに介入するのはやめましょうということになる。

  ポパーは、これに対して、言語が異なっても、文化や価値観が違っても議論はできるし、しなければならいという。そうでないと、最後にやってくるのは、「暴力」だというのだ。同じフレームワークが必要だというのは、「神話」だという。それは、「暴力」による解決を正当化することになるという。

 私は、このポパーの意見に賛成するとともに、以下のビデオを見てほしい。チョムスキーとミシェル・フーコーが英語とフランスで話をしている。とにかくすごい。フーコーは、英語が下手なので、フランス語で行くといって始まったようだ。

 私も、日本と韓国語、日本語と英語で話をしてみたい。

http://www.youtube.com/watch?v=i_jyKaqF9yc

« 6月11日 夕学五十講 慶応大学 丸の内キャンパスで講演 | トップページ | 知的廉直性に対する根源的裏切り by B.ラッセル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30