慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 知的廉直性に対する根源的裏切り by B.ラッセル | トップページ | ダイナミック・ケイパビリティについて報告予定 »

2014年5月10日 (土)

デリダの脱構築はおもしろい

 いま、通信教育関係で、名古屋に来ている。来る途中に、統計学の本を読もうか、あるいはデリダの脱構築の解説書を読もうか、迷った。結局、デリダにした。

 

 面白い。やはり、私の想像していたことが書いてある。デリダの哲学は、ある意味で弱者の哲学だ。内容は、決して数学的な明晰性はない。しかし、魅力あることをたくさん述べている。

 

  昔の自分なら、一番嫌いなタイプの思想だ。しかし、いまは違う。歳をとったせいか。あるいは、米国でいろいろと体験したせいか。それは、わからない。なんとなく、いまは親近感がある。だから、「経営学の脱構築」ではなく、「脱構築の経営学」といったものを書いてみたいものだ。

 

  しかし、このことは、僕がポストモダン思想が好きだということとは、全然、違う。ポストモダンは、チョムスキーが言うように、いまでもペテン「Charlatan(チャラタン)」だという立場だ。

 

 

« 知的廉直性に対する根源的裏切り by B.ラッセル | トップページ | ダイナミック・ケイパビリティについて報告予定 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31