慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 日本の書評と米国の書評 | トップページ | ダイナミック・ケイパビリティの数理モデル化 »

2014年2月 9日 (日)

ダイナミック・ケイパビリティをめぐる二つの雲

    1900年に英国の著名な物理学者ケルヴィン卿が、熱と光に関する動学理論はクリアで美しいが、二つの雲がかかっているという記念すべき講演をした。この雲は、1905年のアインシュタインの三つの論文によって、取り除かれた。
 

     この話に関連して、現在、私がみるところでは、ティース教授のダイナミック・ケイパビリティをめぐって、二つの雲がかかっている。この雲を取り除こうというのが、私の第5の論文である。Removing two clouds hanging over dynamic capabilities

    内容は、面白いと思うのだが、私は権威がないので、多分、無視されそう。英語を洗練したら、どこかに投稿しようと思うが、やはり目に見えない壁がわれわれ日本人の前に立ちはだかっているように思える。

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

« 日本の書評と米国の書評 | トップページ | ダイナミック・ケイパビリティの数理モデル化 »

ダイナミック・ケイパビリティ」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30