慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 米国は日本より絶対に優れているか? | トップページ | 2014年 謹賀新年 »

2013年12月29日 (日)

知識はどこから生まれてくるか:経験か先験か

 知識はどこから生まれてくるかをめぐっては、これま何度も激しい議論が展開されてきた。

 

 いまだに、経験を通して知識は生まれると思う人は多いだろう。しかし、簡単な思考実験をすると、この答えは問題を生み出す。つまり、もしそうだとすれば、かなり多くの人間はすでに死んでいる。経験してからでは遅いような知識は非常に多くある。「道路を走る自動車は危険である」という知識を各人がえるために、経験は必要だろうか?

 

 その他、いろんな議論があるが、やはり人間は知識をもっており、それにしたがって演繹的に推測して行動していると考えた方が矛盾が少ない。子供をもった親は理解できると思うが、よちよち歩きの子供でも不思議なことに親が思うほど危険なことをしないものだ。

 

 ではその知識はどこからくるのか?答えはわからない。天から降ってくるのか、閃くのか。

 

 しかし、深刻な問題は、そこにはない。どこから知識がうまれてこようが、It doesnot matter.だ。たした問題ではない。

 

 問題は、生まれた後、その知識に従って推測して行動しても問題がないかどうかだ。問題がなれければ、保持されてゆくし、問題があれば、放棄されるか、修正されるかだ。

 

 こうして知識は成長してゆくといったのは、K・R・Popperである。私はいまでもこの説を信じている。

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

 

« 米国は日本より絶対に優れているか? | トップページ | 2014年 謹賀新年 »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30