慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« クルーグマンのドイツ批判は妥当か | トップページ | 自由な生き方とは »

2013年11月22日 (金)

歴史比較制度分析

   今日は、歴史比較制度分析で有名なスタンフォード大学教授アブナー・グライフのセミナーがあった。

  二つの協働体としてヨーロッパの自治都市と中国のクラン(親戚)を取り上げ、それぞれ歴史的にどのようにして出現し、どのような意味で効率的なのかをモデルを使って比較分析する。
 

  前者は規模の経済性を達成でき、後者はルール違反の取り締まりコストが低いということ。前者は公式ルールに従って運営され、後者は非公式なルールに従って運営される、などなど。かなり面白い研究の紹介であった。

 ただ気になったのは、もしかしたら、彼は体が悪いのかもしれない。そう思えるしぐさを何度もしていた。

« クルーグマンのドイツ批判は妥当か | トップページ | 自由な生き方とは »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30