慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 歴史比較制度分析 | トップページ | UCBのロースクールで法と経済学 »

2013年11月25日 (月)

自由な生き方とは

    自由な生き方というと、日々なんでも好きなことをすることだと思うかもしれない。あれがほしい。これが食べたい。あれを着たい。これもしてみたい。果たして、それを自由だというのだろうか?

  ヤンキーズの黒田選手が、まさに自由な生き方を示している。彼は、今年、14億を提示するヤンキーズを蹴って、もしかしたら3億で広島にもどってくるかもしれない。結果は、どうなるかわからないが、黒田選手は前からこういった「行為」をしていた人物だ。お金で動くような行為をしていなかったのだ。

  利益最大化を当然とする米国人には、理解できないと思う。また、心理学的に説明しようとするかもしれない。しかし、彼の行為は心理学的なものでもない。それは、人間としてのひとつの生き様なのだ。

  しかし、そもそも「人間としての・・・」とは何か。それは、簡単だ。人間だけが持つ自由意志にもとづく選択だということである。お金やモノや餌につられて「行動」する動物ではないということ、これである。
  

« 歴史比較制度分析 | トップページ | UCBのロースクールで法と経済学 »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30