慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« イノベーションに論理はあるのか? | トップページ | 中所得国はどのようにしてキャッチアップするか »

2013年10月 3日 (木)

慶大菊澤ゼミの紹介パート2

 昨日、教務から、来年度、菊澤ゼミをはじめるかどうかの問い合わせがきましたので、来年度からはじめると回答しました。

  近いうちに、ゼミナール委員会から、再開ゼミとしてUPされるのではないかと思います。

 しかし、私が帰国するのは、来年2014年3月中頃ですので、一度も現在の2年生にゼミの紹介をすることができません。とにかく、菊澤ゼミのHPを見てもらうしかないですね。

菊澤ゼミHP

http://news.fbc.keio.ac.jp/~kikuzawa/

 

 したがって、それほど多くの学生が応募するとは思えませんので、今回は比較的気楽にやりたいと思います。

しかし、ゼミ試験は、大体、これまでと同じ方式で行います。

●募集人数 16名程度

●入ゼミ試験は、以下のように考えています。
(1) レポート(読書感想文1本 A4紙 枚数は自由です。ワープロで)

対象図書
私(菊澤研宗)の著書
私の本については、アマゾンで調べてみてください。

●アマゾン
http://www.amazon.co.jp/s/qid=1259320173/ref=sr_st?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&rs=465610&page=1&rh=n%3A%21465610%2Ci%3Astripbooks%2Cp_27%3A%8Be%E0V%8C%A4%8F@&sort=salesrank

●慶大図書館
http://www.mita.lib.keio.ac.jp/

★提出レポートについての注★
菊澤ゼミに入りたいんだなあ~といいうことがわかればいいと思います。一生懸命に書いていることが伝わるようなレポートをみて、落とそうと思う人はいませんので、ナーバスになる必要はありません。逆に、手抜きのレポートはすぐに見抜きますので、避けてください。

« イノベーションに論理はあるのか? | トップページ | 中所得国はどのようにしてキャッチアップするか »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31