慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« やはりハーバード大学の教授陣の層は厚い | トップページ | 米国経営学者は小ネタが好きだよね。 »

2013年10月13日 (日)

サプライヤーは市場を利用するかリセーラーを利用するか

  ところで、先日のハーバード大の先生の報告のテーマは、サプライヤーは市場を利用するか、リセーラーを利用するかというものだ。

  サプライヤーは製品を販売するとき、直接、市場(消費者)に販売するか、あるいはリセーラーに販売するか、あるいは両方とも利用するハイブリッドかという問題。これを、数理モデルを利用して説明しようとする。

 

  この3つの方法の違いを、ハートの残余コントロール権で特徴づけていた。まだ完全に数理モデルを理解できていないが、以下のような興味深い帰結がでていた。

(1)ロングテールな製品(それほど売れてない製品)は市場の方が良い。

(2)ショウトテールな製品(売れている製品)はリセーラーが良いというものだ。

これこそ、テスト可能な話だと思う。

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

« やはりハーバード大学の教授陣の層は厚い | トップページ | 米国経営学者は小ネタが好きだよね。 »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30