慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« ウソについての研究:セミナー | トップページ | 経営学者も企業も最先端を知りたいのでは? »

2013年9月13日 (金)

教育改革

    最近は、大学改革が叫ばれているが、米国の大学と比べて、日本は学生に対して、熱心な感じがする。私が思うに、今、問題なのは、実は小学校、中学、高校だ。特に、教員。しっかりしてほしい。

  外部の圧力から、子供たちを守り、教育すべき人間が、外部の圧力に負けて、子供たちを罰するという最悪な状態だ。まるで、打たれるのを怖がって、逃げる動物のようだ。残念。

 

  やはり、教員には、優れた人材が配分されるべきだ。高いコストを支払っても。そうしないと、この国は亡びる。

« ウソについての研究:セミナー | トップページ | 経営学者も企業も最先端を知りたいのでは? »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30