慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 経営学者として生きている証 | トップページ | 就活か大学院か »

2013年7月 7日 (日)

米国は3人にひとりが貧困な状態のようだ

    以下の記事は、英文表現に癖があり、おそらく私のみならず日本人には恐ろしく面倒な英文なのだが、内容は面白い。

   現在のアメリカは、急速に貧困化が進行し、3人に1人が貧困だという状態。中間クラスがみなほぼ貧困層になっているともいう。これに対して、米国政治家のほとんどは、自分たちはもっともリッチな国に生きていると思っているので、この貧困の問題を議論したがらないという。貧しい人を無視したり、牢屋に入れたりするだけだ。

 しかし、問題はこの貧困グループに子供たちが入るということだ。貧困は子供たちの性格や脳にさまざまな影響を与えるので、いま展開している緊縮政策には限界があるということを指摘している。前に、スティグリッツが指摘していたが、相対的には日本の方がましかもしれない。

    いまの米国は、コントロール不可能で意図せざる多様性の国のように思える。

    ● http://www.hightowerlowdown.org/node/3349#.Udj9C7JRYdW

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

菊澤 研宗: 戦略学―立体的戦略の原理

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

菊澤研宗: 戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか (光文社新書)

« 経営学者として生きている証 | トップページ | 就活か大学院か »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30