慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 今週のセミナーでわかったこと | トップページ | 研究者の不条理 »

2013年2月16日 (土)

何となくわかってきたこと

 バークレーの今回の春学期のセミナーに出ていると、わかってくることがある。

(1)企業経済系の博士課程の学生だと思うが、少なくとも1人優秀なアメリカ人がいる。それから、組織論系にも癖のある優秀な学生が1人いる。

(2)もう一つ、やはりバークレーは米国でも有名な大学なので、セミナーでの報告者として招待されると、うれしいようだ。アメリカは日本以上に学者の流動性は高いので、有名な大学には有名な先生が集まるのは当然。そして、有名な大学の有名な先生は、まちがいなく、米国の有名大学出身であること。

(3)最後に、実証研究が多いが、やっぱり社会科学系の実証は無理やり感がある。しかし、ジャーナルに掲載するためには、しかたないのだろう。

« 今週のセミナーでわかったこと | トップページ | 研究者の不条理 »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30