慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« キュービック・グランド・ストラテジーの事例 | トップページ | 日本のため、組織のため、会社のため »

2013年1月18日 (金)

日本発の世界大学ランキングについて

 大学の世界ランキングについて。昨年、日本では東大が最高で3

0位ということが話題になった。世界のいろんな機関が大学ランキ

ングを発表している。雑誌のエコノミスト、ニューズ・ウイーク、

・・・・・・さらに、中国の上海の復旦大か交通大学だったかわす

れたが・・・。いずれにせよ、日本の大学のランキングが低いとい

うことでショックを受けた人も多いだろう。

 東大を30位とした機関のデータ(不確か?)をみたところ、い

ろんな指標があり、東大は知名度や知的レベルのような指標は世界

でもトップクラスで100点だが、東大に来ている外国人学生や先

生のレベルが低くて、トータルで30位だったようだ。だから、秋

入学にして、優秀な外国人学生が入りやすいようにすればいいとい

うことになるのだろう・・・・・・・また、何とかして日本人のレ

ベルアップする必要があるのだろう・・・・文科省の政策だ。

 しかし、いろんな機関の世界ランキングを見ると、その指標は恣

意的な感じもする。ランキングなどいくらでも変更できそうだ。英

国のエコノミスト誌はヨーロッパの大学を上位に評価しているが、

米国の機関は米国の大学が上位だ。さらに、こういった世界ランキ

ングでは、一橋大学はほとんど入ってこない。理系を対象としてい

るのでは?という疑問もある。
...
 私が言いたいのは、これは文化政策として、文科省も日本発の独自の世界大学ランキングを発表した方がいいのではないかと思う。他の国のランキングに依存するのではなく、いまは日本も世界に対して影響力があると思うので、日本が評価する世界の大学を世界に発表した方がいいのではないかということである。インターネット上で。そうすれば、日本の大学ももっと上位にくると思うし、世界に知らせることができると思うが・・・どうなんでしょうか?他の国はみんなそうしていると思うが・・・

« キュービック・グランド・ストラテジーの事例 | トップページ | 日本のため、組織のため、会社のため »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30