慶応大学菊澤ゼミナールHP

私の趣味

私の著書

新制度派経済学と限定合理アプローチの本

経営哲学学会HP

« 本日は豪華なセミナーに参加 | トップページ | 英語論文の書き方セミナーに参加 »

2013年1月26日 (土)

アルジェリア事件と「組織の不条理」

   今回のアルジェリア事件は悲惨な事件だった。今後、日揮はどのようにビジネスを展開していくのだろうか。撤退するのか、継続するのか。まさに、トップは大変な決断に迫られるだろう。

  撤退か、継続か、どちらがいいのかわからない。しかし、日揮のトップは「組織の不条理」に陥るかもしれない。ガダルカナルの日本軍のように、合理的に考えると、もう後戻りできないのではないかと推測する。撤退したくても、合理的にできない状況に陥るのではないか。

 これまでの先輩が築きあげてきた努力とか、これまで行った多大な投資、そして政府やその他の関連会社との関係、後戻りするには、あまりにもに膨大な取引コストが発生する可能性が高い。この取引コストを計算すると、戻れなくなる。

 なんとか、この危機を乗り越えてほしいものだ。トップ並びにそれを支えるスタッフの英知に期待したい。

 

菊澤研宗: 組織の不条理―なぜ企業は日本陸軍の轍を踏みつづけるのか

菊澤研宗: 組織の不条理―なぜ企業は日本陸軍の轍を踏みつづけるのか

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

菊澤 研宗: 組織は合理的に失敗する(日経ビジネス人文庫)

« 本日は豪華なセミナーに参加 | トップページ | 英語論文の書き方セミナーに参加 »

12)UCバークレー滞在記」カテゴリの記事

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30